ゆうすけブログ
NHKの政治的中立について考える
昨日はNHKの放送受信料についてブログしました。(こんな日本語はありませんが)
今日は報道の政治的中立性について少し考えてみたいと思います。
その意味でNHKは格好のテキスト足りえるからです。
まず昨日指摘したようにスポンサーがつかない(あえて言えば視聴者がそうですが)ので商業主義の観点からも(色がつきにくい)し、税金が投入されていないので時の権力からも比較的フリーハンドを取れる可能性があります。
(もちろん許認可その他で完全に自由とは言い難いのですが)
しかし、マスコミ論としては他の媒体と比べても(国民目線)を強調し易いと言えましょう。
もちろんあの朝日新聞のように反権力・反日をあからさまに売り物にする(確信犯)のようなところは政治的中立などの議論に入れてあげる必要はまったくありません。

それでは(国民目線)とは何かです。
結論としてはそんなものはありません。
悠久の歴史の流れでギリシャ哲学からプラトンの「国家」、モンテスキューの啓蒙思想、マルクスの「資本論」、ヒトラーの「我が闘争」、ケインズの経済理論、フリードマンや最近ではトマ・ピケティの「21世紀の資本」など有象無象(失礼!)の政治経済書の中に社会体制とそれを構成する人々とのかかわり方が書かれてきました。
私も永年、個人の趣味で(社会とは何か)と考える癖付けが抜けきれずJR湖西線に乗っている間はずっと考えてきましたが結局は政治的に右派と左派の違いをやや暴力的に決めつけると前者は(全体主義)で後者は(個人主義)を支持していると言う概念に行きつきました。
それを言うと「旧ソ連は共産主義であれは左派なのか」と突っ込んでくる方がいますがあれは一党独裁で他の思想信条を一切拒否していた意味でマルクス・レーニン教に染まった国でした。(あれは実験的宗教国家なのです、マルクスは共産主義以外の宗教はアヘンだと言い切りました、実に排他的でしょう)
立派にファシズム国家であり広義の意味では右です。
社会主義や共産主義云々で論じては間違いの元となります。
その意味からも現在の北朝鮮や中国(チャイナと呼べばいいのですが)もモロに右国家です。

本題に返ってNHKに報道の政治的中立性を求めるのはそれが達成できる現在の日本の国家体制と世論、さらに大口のステークホルダー(利害関係者)がつかない環境・条件が整っているからです。
ロシアのプラウダや中国の新華社通信、イギリスのロイターにそれを求めることは「八百屋で肉を求める」ことと同意義です。
国策企業でもなく商業主義にも染まらない可能性がNHKにはあります。
それを支えるのが国民からの一律公平な受信料ですから昨日はあれほど必要性を強調いたしました。
加えて言いますと報道は怖いですよ、使い方を間違えると社会を一気に間違った方向に誘導してしまいます。
ナチス全盛時のゲッペルス宣伝相の事例をわざわざ取り上げませんが。

国民(と言う概念がすでに゛右゛なのですが)の中にも思想信条が個人個人で別々ということは論を待たないと思います。
それが成熟した民主主義国家ならとりわけ。
支持している政党も別ですし、温度差もあります。(当然です)
無党派層というお洒落な考え方の人も社会の多数を構成してきました。(期待したいです)
その中でNHKが政治的中立性を確保するというのはどのようなことでしょうか。
一党一派に属さない報道の手法とは何でしょうか。
これを詳述するとマスコミ論に入っていき、面白くないので気の向いた時に書き込みます。

面白かったのはNHK前会長の籾井勝人氏でこの方ほど歴代の会長で毀誉褒貶が激しい人はありませんでした。
すなわち右の人からは「立派な会長だ」と評価され、左の人からは「あんな奴、○○だ」とボロカスでした。
特定秘密保護法が国会で成立した時はNHKがニュースとして流さないので参議院予算委員会で民主党(当時の)議員が追及すれば「あまりカッカすることではない」と答弁して相手をカッカとさせて、竹島問題では「政府が右と言っているのに我々が左と言えない」なんて政府は常に右ですよ、だって全体主義の総元締めなんだからと突っ込みを入れたくなったり、慰安婦問題では「戦争している国はどの国にもある、イギリスやフランスだって」と発言してイギリスやフランスから抗議がくるなどお茶目な方でした。
私は民進党の議員は面白みがないのであまり好きではないのですが「籾井さん、あなたはNHKはNHKでもNなんて・H恥ずかし・K会長だ」と言ったときは笑いました。
以上、好きなことを書ける現在の日本の言論自由には大変感謝しています。















カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter