ゆうすけブログ
テッシュボックスは二度宙に舞う
テッシュボックスは家庭の必需品です。
特にありがたみは無くても(必要な時に)無ければ「ママ、テッシュは?」と尋ねてしまうのです。
ガソリンスタンドでオイル交換をしたらもらえたりしますが大抵は喜んで受け取られます。
このテッシュ・・なぜかボックスから取り出す時に1回、つまり1枚でいいのにわざわざ2回(シュ・シュ)と取り出しませんか?
なぜ自分がこのような行動をするのか考えていましたが結論は未だに出ません。

今日はテッシュについて考えるわけではありません。
表題の「テッシュボックスは二度宙に舞う」はアメリカの小説「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のパロディです。
この「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(以下゛郵便配達゛と略)は誠に不思議な小説です。
作者はジェームズ・M・ケイン、1934年の世界大不況の最中に出版されて今まで4度も映画化されブロードウエイではミュージカルとして現在も上演されています。

私が不思議と思っているのは作者ケインの名は世界の文学史の中でほとんど無視されているのです。
更に追い打ちではっきり言えばケイン以外でアメリカ文学を語らねばならない重要な文筆家は大勢存在します。
ストーリーもどこにでもあるお話です。
どこかギラギラとした野性味が残る浮浪者フランク・チエンバースがある中西部のガソリンスタンド兼レストランに流れ着く。
そこはギリシャ移民の中年オヤジ、頭がツルツルのパパ・ダキスが経営していた。
妻は美人だが代わり映えのしない日常に飽き飽きしているコーラ。
フランクはその店に雇ってもらうもののお目当てはコーラだった。
しつこくコーラに言い寄りねんごろになった二人は(つまり悪徳不倫ですね)パパ・ダキスを亡き者にしようと計画を立て遂に自動車事故に見せかけてダキスを殺害する。
しかし、ダキスには高額の保険が掛けられていたことから保険会社が二人を起訴。
弁護士が保険会社と取引をしてコーラのみ有罪となるが後に保釈。
返ってきたコーラとフランクはぎすぎすした関係を続けながらずるずるとした生活を営む。
ある日、コーラが本当に自動車事故で死んでしまう。
今度はフランクが裁判にかかって死刑判決を受けてしまう。

どうですか?
なんかどうでもいい話でしょう。
なぜアメリカでは流行るのかがよくわかりません。
作者自身が出版が決まるまで14回も出版社に持ち込み門前払いにあっています。
ようやく本が出る時に編集者から「で、ケイン、本のタイトルは何にする?」といい加減な対応でした。
ケインはさらにいい加減で「小説を持ち込もうと出版社のベルを押したら無視されたから郵便配達員を装って二度ベルを鳴らしたらドアを開けてくれたんだ、お宅の場合」。
実際にこの小説は流れ者のフランクと多情な人妻コーラ、やられ役のパパ・ダキスのはげちょびんしか出てきません。
題名の付け方からしてその場限りなのにもう80年以上映画や舞台で取り上げられている不思議な作品です。

アメリカ人大丈夫か?と言いたくなるのは「キングコング」です。
こちらはご存じでしょうから筋書きは書きませんがこれもひつこいぐらい(これでもか)と映画でリバイバルされています。
「郵便配達」と双璧の作品です。
困ったことに(キングコング女優)という言葉があるようにハリウッドではNHKの朝ドラヒロイン以上に女優としての登竜門です。
かってジョン・ギラーミン監督の「キングコング」に出演した女優のジェシカ・ラングは30年以上経ってからヘラルドトリビューンのインタビューに「あんな猿と戯れる作品に出たなんて後悔するわ」と応えています。
出世作なのにめった切りです。
同じくキングコング女優のナオミ・ワッツは「サルの前でダンスなんてばかばかしい」とこれも突き放しています。
出演している俳優がみんな阿保らしいと白けているのに何度も作品化される「キングコング」・・世界がなぜ熱狂するのか?謎は深まるばかりです。
ちなみにジェシカ・ラングは「郵便配達」にもコーラ役で映画出演しています。
このアメリカを代表する2大作品に出てからのち別の作品でアカデミー主演女優賞を取りました。
なかなか計算高い人ではないかと推測できます。

日本人なら何度も飽きるほど観るのは「忠臣蔵」ですが前述のアメリカ2大リバイバル作品に比べると江戸時代中期の赤穂事件をテーマに見事に日本人論の中核に迫り、忠とは何か、武家社会とは何か、封建体制とは何かと哲学的であり何度も様々な角度から考証してもなお飽き足らない深みと文学性があります。
大石内蔵助を演じる俳優が「あんな単純な仇討ち、やってらんねぇすよ」と語ったとは聞いたことがありません。
ただ、最近になってテレビドラマでやっていた「忠臣蔵」は討ち入りの12月14日の夜半は小雪が舞う寒い日だったのに赤穂浪士たちが切腹する場面では桜が散るのどかな春の日だったのは何かいただけませんでした。
やりすぎでしょう。
義士たちはすぐに切腹しているので春と言うのはちょっとね・・でした。










カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter