ゆうすけブログ
今さらながらの清原和博論
今日は日曜日、しかも昨日とうって変わって晴天。
滋賀県湖西では今年の桜も今日が見納めとばかりに他府県からも多くの車が流れ込み一日中混雑していました。
昨日は意識を失うほど花見で飲み、もう酒と花はいいと私は午前中は自宅の掃除、午後からは少し休もうとテレビのリモコンをONにすればプロ野球デーゲームの生放送(中継)をやっていました。
阪神VS広島でしたがついつい引き込まれて試合終了まで観てしまいました。
プロ野球をテレビであれこんなにゆっくり観るのは数年ぶりと思いながら観戦していましたが試合は阪神・原口選手のレフト前タイムリーが決勝打となり2対1で広島に競り勝ち、それぞれの監督の采配が動の金本監督と静の緒方監督という風に印象深く(やっぱり野球って面白い)と堪能しました。

何も関連もないのですが今日の試合を観ていて阪神の4番福留選手とか広島の新井選手が打席に立つにつけ私は往年のスター・清原和博選手の姿がなぜか瞼に浮かびました。
よく言われますが清原元選手は(無冠の帝王)と呼ばれました。
バットマンとしてのビッグタイトル、首位打者・ホームラン王・打点王のいづれもをついに取れなかったからです。
それでも清原選手は人気者であり、球界を代表するバッターであり続けました。
よく言われる(記録ではなく記憶に残る選手)だったのです。
選手生活のスタートを切った頃はPL学園で同僚だった桑田真澄投手(その後は因縁であり続ける)とKKコンビなどともてはやされスーパールーキーと言われた清原選手も西部ライオンズから彼の本命だった読売ジャイヤンツに移籍した頃はでっぷりと太ってしまい(番長)というニックネームに模様替えしていました。

私は彼を一度だけ(生)で見たことがあります。
球場で彼の真実の姿、野球選手としてです。
あれは東京ドームでの対広島戦でしたがそれが何年の試合でありそのゲームの広島カープのピッチャーが誰であったかはもう忘れました。
その時に不動のレギュラーで俊足好打の高橋慶彦選手に代わって売り出し中だった広島カープ1番の野村謙二郎野手が先制のホームランを放ったのを憶えています。
綺麗なホームランでした。
糸を引くように真っすぐライナーでライト前段に突きささりました。

試合は中盤に差し掛かりランナーを2塁に置いて4番ファースト清原選手がバッタボックスに立ちました。
どう贔屓目に見ても威風堂々の存在感がありました。
ピッチャーが投げ込んだ内角高めのシュートを一閃、同時にガキーンとにぶい音がしました。
カキーンと軽い音ではありません、ボールが潰れるようなガキーンです。
内野席で観戦していた私は一瞬ボールの行方を見失いました。
滞空時間は5秒ほどもあったのでしょうか、目を凝らして外野の方を見れば白い筋を引くようにレフト上段にボールが飛び込んでいました。

私は現在に至ってもまだこれほど完璧なホームランを見たことがありません。
何と言おうと完璧な当たりでした。
1回に見た野村選手の本塁打が糸を引くような巡行ミサイルなら清原選手のそれはICBM(大陸弾道ミサイル)でありスケールが違ったのです。
まぎれもなく清原和博は野球の天才だと思いました。

引退後の清原氏はその人柄もありやはり人気者でした。
野球評論家としても活躍し始め、テレビのトークやバラエティ番組にも引っ張り抱っこでした。
それが一転して世間の批判にさらされたのが2016年2月3日東京都港区の自宅マンションに覚せい剤0.1gを隠し持っていたとして覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されてからです。
青少年に夢を与える元プロ野球の選手としてこの反社会的行為に弁解の余地はありませんでした。
彼はヒーローから一気に本物のヒール(悪役)として社会から糾弾される身となったのです。
プロ野球界は彼の野球殿堂入りを抹消し、彼は愛する野球や家族を失いました。
このことは彼の野球人生を眺め続けてきたファン(私のような)に取っても限りない悲しみでした。

清原和博選手の22年間の現役としての記録は通算打率2割7分2厘、打点1530、本塁打525本ですが三振数1955と被死球196は現在でも日本野球のレコードです。









カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter