ゆうすけブログ
米空母打撃艦隊半島へ
明日(4月25日)は北朝鮮・朝鮮人民軍の創設記念日である建軍節だそうです。
この日を記念しておぼっちゃまくん・金正恩委員長は軍事パレード以外に何かやるという噂が前々から漂っていました。
最悪なのは(核実験)です。
実行すれば今でさえ世界中の民主主義国家と国民から白眼視されている北朝鮮は決定的にダメ出しされることになるでしょう。
すでに米空母カールビンソンを中心とした打撃艦隊が攻撃可能水域に配置されていると言われ一発触発の状況です。
このニミッツ級の空母は搭載機90機、所蔵火薬量2000tとも呼ばれ一夜にして大型都市を壊滅するだけの破壊力を持っているそうです。

もともと選挙中に現職のオバマ大統領の化学兵器を使用してISテロの温床ともなっていると言われている対シリア・アサド政権への弱腰を批判していたトランプ氏は今月6日にあっさり空爆を実施しました。
ちょうど中国・習近平主席との会談中にこのニュースが飛び込んだので主席が(マジか・・このおっさん)という顔で絶句している写真が出回りました。

(何かやったら何かやるからな)と無言ではなく実際の圧力で半島に位置する米空母打撃軍に対して北朝鮮のマスコミは「空母は太った生物だ、わが軍は一撃で水葬の準備ができている」とこちらも挑発しています。
更に事態を静観しているお隣の中国に対しても「我が国との決定的亀裂が入るに違いない」と何をトチ狂ったのか絶交宣言までする始末です。
まさに逆ギレですが何かあったら素直に助けてと言えばいいものをめんどくさい国だと思います。
もちろん日本人である私は「助けなくていいよ」と思っています。

先立つこと10日前の4月15日は朝鮮民主主義人民共和国の初代にして偉大なる指導者・金日成国家主席の誕生日記念パレードが行われ(本当にパレードが好きな国です)その席上で事実上のNo2である崔竜海党副委員長が「米国が挑発をしかければ即時に壊滅的攻撃を加え核戦争には核攻撃で応える」と演説しました。
そんなことできるんかいな、盛り過ぎやで崔さん・・と鼻であしらっていたら続けて「最初の攻撃は日本に対してだ!」とゲゲ!マジで狂っているこいつらと思ってしまいました。
接近しているのはアメリカやで、なんで日本が攻撃されなあかんのやと思うのが人情でしょう。
でも考えてみたら北朝鮮はICBM(大陸間弾道ミサイル)で直接米本土を攻撃する能力がなくもちろん通常の海洋戦力などへぼいのでアメリカに基地を提供しているというかアメリカの基地がある日本に攻撃を加えるのが理の当然なのかと考え直してしまいました。

これに対して日本のマスコミ関係者はいろいろ言っています。
右から左まで実に多種多様な意見を。
面倒なのでいちいち紹介はしませんがひとつ言えることは「平和がいちばん」ということです。

今回の空母カールビンソン派遣も本来ならば横須賀港を母港としている米第五打撃艦隊ロナルド・レーガンに出撃命令が下っているはずですがあいにく同船は修理中でした。
作戦中で行動している空母はミサイル巡洋艦やミサイル駆逐艦、攻撃型原潜、イージス艦により鉄壁の守りで北朝鮮の海軍力では寄り付きもできないでしょうが帰港している空母はレームダック・・座りこんだアヒルです・・危うしレーガン。
そのようなわけでロナルド・レーガンも出航しました。
この船は東西冷戦を勝利した偉大な大統領である(と言われている)故・ロナルドレーガン大統領の名を冠した空母ですがもしかしてトランプ大統領もテロとの戦いに勝利したとの功績で(空母ドナルド・トランプ)就航を狙ってんじゃないのとゲスノ極みじゃなく勘繰り入れたくなります。
私としてはもっとお茶目に(ドナルド・ダック)ならいいなと思ったりもしています。






カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter