ゆうすけブログ
人生は一篇の小説
暖かいのだか肌寒いのだか何だかわからない日が続いていますね。
こんな時は体調の調節(なんか変な言い回しですね)がうまくいかない方も多いのではないかとご自愛をお願いしたいものです。

さて「人は誰しも一本は小説を書くことができる」と言われます。
2本目はわかりません。
3本目も4本目もどんどん書ける人はベストセラー作家になれます。(なります)
ですが1本目(1作目)は自分の人生・体験談を書けばすごい小説になります。

「人に歴史あり」と言われているように特別有名人でなくとも人として成長してきて社会のハードルを越えていったり、落とし穴にはまったりとさながら障害物競走のような人生が誰しもに用意されているからです。
自分が競技に参加している時に他人の走り方に興味を覚えるのはあながち不自然ではありません。(むしろ覚えるでしょう)

初恋・仲間・恋愛・友情・勉強・受験・就職・結婚・昇進・左遷・子育て・介護・倒産・借金・失業・離婚・再出発・務所暮らし・闘病・・・
楽しいハッピーなことや打ち砕かれる絶望がさざ波、大波でやってきて笑いと涙と傷心と興奮がなにか混ぜ込みとなって私たちを襲ったり、訪れたりしてきて人は何かを悟ることになります。

「男は失敗談を好み、女は成功談を好む」とも言います。
これは裏返せば男はいつまでも夢を追いかけるので自らの戒めの為に、女は人生の現実を知っているので夢を追いかける為にとも解釈されます。
人生の主人公は自分自身・・そんな真剣な物語を他人は読みたがるのです。






カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter