ゆうすけブログ
政治的にこれから来る波
お盆休暇の真っ最中です。
夜になって大津方面から自宅のある高島を目指して国道161を北上すると坂本あたりから旧志賀町まで延々と車の渋滞が続いています。
京阪神の方々が日本海方面に遊びに行った帰りでしょう。

さて政治的なお話になりますが先日の内閣改造後の支持率調査でもほんの若干支持率が上昇したものの支持40%、不支持48%と依然として不支持が支持を上回っている状態で原因の1位は「首相が信用できない」となっていました。
「安部首相に続投してほしいか」という問いには「いますぐやめてほしい」と「来年の総裁任期満了でやめてほしい」を合わせて60%以上の人がやめてほしいに回答していました。

M友やK計学園の私的政治権力の行使疑惑や閣僚の失態・失言がかなりボデーブローのように効いている感じを受けます。
ただ注目すべきはこれは安部さんや安部内閣に対するシュプレッヒコールであって自民党に対する支持率下落ではなく党としては最悪の状況ではないというわけです。
つまりどうにもならない状況になる前に党の新しい顔をつくれば持ち直す可能性が極めて高いという現状です。

このような時に政権批判の受け皿にならなければならない野党第1党の民進党がイマイチつうか全然ピリッとしません。
グダグダ、ダメダメです。
蓮舫氏が突如の代表辞任、次期代表選に名乗りをあげている方を見ても党再生の手法がはっきり見えてこないのでこれは万年野党コースどころか発展的?解消に向かう可能性の方が高くなってきています。
国民も安部さんはもうだめだがかと言って民進党の無免許タクシーに乗るのはもう懲り懲りと感じているのが世論調査の結果です。

では民進党ホープ細野氏が離党したり、都議選で小池知事勢力が躍進した「ナントカファースト」が全国に広がり、地域政党的に「大阪ファースト」や「長野ファースト」、「木更津ファースト」や「滋賀ファースト」が政権批判に受け皿として認知され野党勢力を糾合しながら与党と対決していけるのかというとNOです。
これは国民から絶大な人気を誇っていた橋下市長が「維新」をそのように持っていけなかったことからも明らかです。
そもそもレデイファーストならいざ知らずこんな標語にもならない一字で国民が動くと思うのが不思議です。

以前、民主党を滅茶苦茶にした小沢一郎さんが最後の賭けに出て「国民の生活が一番」と生活の党というものを立ち上げましたが見向きもされませんでした。
ワンフレーズだけの政治手法でどうにかなるほど政治は甘くはありません。
みんなが納得できる組織とビジョン、細かな政策と実現能力があって初めて政党として認知されるのです。




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter