ゆうすけブログ
図書館は誰のもの
ここ数年のお盆は山にも行かず(行けず)、海にも行かずでひっそりと過ごしています。
今日は(終戦の日)ですが海ゆかば、山ゆかばと言っていた時代に戻るよりはずっとマシかなと思ったりもしたりで妻子も昨日から里帰りしたりと長男と2人でこれもひっそりと降雨の朝をパンとコーヒーで迎えました。

さて、まったく個人的に不明を感じることを聴いてしまいました。
私も皆様のおかげで県議会で働かせていただいた時期があったわけですがその時に偉そうにも「子育て支援・教育NO1の滋賀を目指します」と吹いていたのを憶えています。
ところが先日、寄生してきた(失礼、帰省)長女から滋賀県の図書館は勉強禁止で参考書やノートを広げると注意されると聞かされたのです。
ええ!マジで・・それやばくない・・だって図書館って勉強するところでしょ?と反論してみたのですが娘に「パパこそやばくない、滋賀県はずっとそうよ、私が中学・高校の時に図書館で勉強していたら注意されたわ」とのたまいます。
それで調べてみたら私の住む高島市だけではなく滋賀全県がそうみたいです。
子どもたちも勉強するところがないものだから大津市や草津市では有料の自習室まであるそうです。
なんか間違っています。
教育格差問題です。

私も現職の時は確実に投票所に足をはこんでくださる高齢者層に配慮してこんなブログを世に公表しませんでしたが図書館は誰のもの?と言いたくなります。
人生をゆったりとお過ごしになっている方々が暑いからといって避暑代わりに新聞を読みに行っている場所では本来はないはずなのです。
もちろん公的な施設ですからみんなが気持ちよく過ごすために騒いだりしたら注意してそれでも行いがあれば退出してもらうルールは必要でしょう。
それでも図書館で勉強するななんて遊園地で遊ぶなと同意語です。(私はそう思います)
そんな高齢者だけの静謐な場所づくりのために全県勉強中止なんて言っているなら滋賀県は教育県でもなければ子育て支援も考えているとは到底思えません。
子どもを図書館から締め出すなと言いたいです。

この前もニュースで近くに保育所ができると煩いからと反対運動をしている住民たちが映っていました。
ほとんどが高齢者でした。
そりゃそうで日がな一日、ご自宅にいるのだから心穏やかではないかもしれません。
ですが社会はほんの少しづつの譲り合いであり、自分たちだけが良ければそれでいいわけではないと思います。
高齢者のエゴは見苦しく、自分たちだって今まで先輩たちにお世話になり、後世にお世話になる日もやってくるのです。

冒頭で私も自身の不明を恥じたつもりですが滋賀県の地方議員の皆さん、一度図書館の現状を調べてみて行政に提案をしてみてください。
子ども・若者を大切にしない地域に未来はないと思います。




カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter