ゆうすけブログ
新党の行方
国連での北朝鮮とアメリカの国家指導者同士の激しい応酬、日本では衆院解散が決まって政局が大きく動いた今週、やはり政治ネタでブログを更新します。

まず、(小池新党)が立ち上がりますが党首として小池都知事自身が矢面に立つかどうかが注目されています。
昨日の会見では「知事が政党の代表に就くことは全国的に例があることですから」と党首就任を否定しませんでした。
私は7割の確率で就くとは思っていますが小池氏の脳裏をちらっとかすめるのは滋賀ケースでしょう。

言うまでもなく当時の滋賀県知事である嘉田由紀子氏が衆院解散前に小沢一郎古狸と密会して政党党首に就いたあの時のことです。
この知事の国政進出については当時の滋賀県議会で自民党から代表・一般質問で「二元代表制で運営すべき県政の一方の雄である知事が国政に関与している暇があるのか?県民の期待にどう釈明するのか?」と鋭く追及されましたが嘉田知事(当時)は「県政一番の姿勢で政治に取り組む」と防戦一方の苦しい言い訳に終始しました。
しかも、直後の総選挙で嘉田新党は大敗。
嘉田氏は代表を離れたものの県民の支持は大きく急降下し、自身の3選すら危うい状況になりました。

小池氏は昨年、舛添氏の都政私物化問題を受け、都民の生活が一番(どこかで聞いたような?)「都民ファースト」を掲げて知事に当選しました。
そのような背景のなかで今回、全国に100名ほど擁立されるといわれている小池新党(仮称)「希望の党」の全面に立って全国遊説を行うことを都民がどう評価するかです。
「やはり都知事は国政復帰の踏台か」「自分の政治的野心で都政を振り回すのか」というブーメランをよけきれるかでしょう。
都民にとって小池さんの国政への関心などどうでもいいことで、都政の安定・発展が第一ですからよその県にいそいそと応援に行っている小池知事をメディアで眺めるにつれ支持は離れていく可能性は否定できません。
嘉田氏と同じ轍を踏もうとしていると私は見ています。
首長職は兼任できるほど暇ではありません。
じゃ、大阪の松井知事の維新は?との声が聞こえてきそうですがあれは橋下氏の突然の政界引退と大阪という地域の特殊事情が重なってできている政治的偶然の産物ですから参考になりません。
随分と昔のハリウッド映画ですがチャールストン・ヘストン主演で中国清朝末期の義和団蜂起を描いた「北京の55日」という作品がありました。
ラストシーンで各国の鎮圧部隊派兵により義和団が雲散霧消して廃墟となった故宮で西太妃が「水(大衆)は船(政治家)を浮かべるが・・またひっくり返す・・清朝は終わった・・」とつぶやきます。
この言葉を幾多の政治家に贈りたいと思います。












カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter