ゆうすけブログ
選挙公約ー教育について
総選挙も日曜日が終わり折り返しとなりました。
22日の投票日には新たな国政の枠組みが決まります。
そのような中、新聞を広げて各党の公約を見てみると今回は「教育」について言及している政党が増えているのは個人的に喜ばしいことだと思いました。
私は「教育」こそが資源がない日本の武器だと思っていますし、最高の投資効果とも思っています。
武器とか投資効果などと言うと顔をしかめる方もいらっしゃるのですが要は個人がより良い人生を謳歌できて尚且つ社会もハッピーになれるウィンウィンの政策だと信じています。
今後も「教育」について語る政党・政治家が少しでも増えてくれれば日本も少しは希望の灯がともると思います。

今回の解散前に安倍総理が「幼児教育の無償化」をいち早く公約として発表しました。
それ自体はいい事なのですが自民党の政調会は「唐突だ、聞いていない」と困惑気味でした。
おそらく岸田政調会長(当時)にも相談なしで決められたのがバレバレでした。
このように付け焼刃の政策はいただけません、もう少し揉んでから決めて頂きたいと思います。

幼児教育の無償化に異議を申し立てるつもりは毛頭ありませんが世間で論じられている少子化問題の解消や教育格差の是正とはずれているものですし、子育て支援とも合致しずらいとは思います。
私の住む高島市でもそれなら政党の幼児教育無償化を少し先取りして第2子以下の保育所預けを無償化しましたが家庭の用事に忙殺され外にどうしても出なければならないお母さま方が利用されるのにはいい政策と思いますが「無料だから預けなければ損だ」とばかりに0歳児をどんどん連れてこられればどうなることでしょう。
ご明察の通り、3歳児から5歳児とくらべて乳児は大変お世話がかかります。
極端な話、1幼児につき1保育士が必要となり仕事がパンクします。
また、お母さんと離れる時間が多いという事は大切な時期での情操面でも不安が残ります。
公約でそこに踏み込む以上、保育士の確保と待遇改善について具体的な施策を揚げねば無責任の謗りは免れません。

幼児教育の無償化が限定的な政策であることは申しました。(それでも論じていかねばならない案件であることは確かですが)
そのことよりも今の日本の教育問題を論じるなら先に「高等教育の無償化問題」です。
めまぐるしい社会の流れの中でまったく記憶に新しくない昨年のアメリカ大統領指名候補争いの時に民主党でヒラリー氏と最後まで接戦を演じたのが老体のサンダース上院議員でした。
サンダース氏が若者から圧倒的に支持された理由が「大学の無償化」です。

現在の日本で金銭的問題により子どもをつくらない、あるいは1人で我慢する(文字通りの意味です)家庭のなんと多いことか。
昔の日本は「貧乏人の子だくさん」などという言葉がありましたが現代では死語となっています。
おそらく子どもを育てても高等教育を受けさせる家庭内負担に自信が持てないことが少子化の要因のひとつになっていることが推測されます。
昨日(10月15日)の読売新聞の社説「高等教育の無償化ー奨学金制度の効果的な活用を」で書かれてありましたが国立大学の年間授業料は54万円、私立大学では平均87万円に上る、私大医学部の場合は6年間で数千万円が必要、大学・大学院・短大・専門学校の完全無償化に年3兆7000億円の財源が必要になるとデーターが示されていました。

教育問題(制度)について論ずればこのようなブログで書いている紙幅がありませんが今回の選挙は外交・安保・消費税・景気・エネルギー(原発問題含む)・行革など様々な争点があるものの「教育」の旗だけは下してもらいたくはありません。
根本的且つ恒久的な議論だからです。
加えれば高等教育だけではなくリカレント教育(学校教育を終えた社会人が大学等の教育機関を利用する再教育)にも視点を当ててもらいたいとも思います。
ニュースを見ると毎日のように衝動的、発作的に逆ギレしての陰惨・無残な行動を取る人が後を絶たなくなってきている世相の背景には過去に比べて教育を軽視する人たちの増加もあるのではと悲しいですが考えざるを得ません。
これは単純に教育の格差が所得格差につながると申し上げているのではなく「人は教育によって人となる」という人間性の獲得を社会の中で平等に分かち合いましょうと言っているに過ぎないのです。
金銭的(物質的)に豊かであれば人生が豊かになるのではなく、真の豊かさはみなさんの心の中にあるのですから。







カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter