FC2ブログ
ゆうすけブログ
残念な報道ーNHKの場合
第48回衆議院選挙の投開票が行われた10月22日(日)は同時に台風21号が西日本に急接近していた日でもありました。
私の故郷・滋賀県は何の根拠も無く(天災に強い県)と県民から思われています。
ですが今回の台風ではマキノのメタセコイヤ並木がなぎ倒され、新設の妹子の里がボロボロになり、湖西線も電柱が複数倒れて2日間不通、大停電が発生して3日間も電気無しの生活を余儀なくされた世帯が続出と人々の生活を直撃しました。
私の知人の談では「夜半になって風の音が半端ではなくなり不安でしかたがないので台風情報を知ろうとテレビをつけてもどの局も選挙報道ばかりで頭にきた」とありました。
この方の地域は朝になったら家はひび割れるは、納屋はぶっ飛んでいるは、車のガラスは軒並み割れているはで甚大な被害に遭われ、しかも風の音で一晩中眠れなかったそうです。

私は今までこのブログで日本放送協会をアンチNHKの方々から必死で擁護していました。
理由はたった一つのオンリーワン、NHKが防災のスペシャルキー局だと思っていたからです。
災害時に一番頼りになる報道を逐一してくれるからこそ国民が受信料を払うのもいたしかたないと。
ところがあの日、NHKは台風情報はお茶を濁したようにちょろっとだけ、後はひたすら民放と選挙開票情報を競い合っていました。
民法はいい、民放には期待していない、民放は災害報道のノウもハウもないと日頃から突き放していました。
所詮はスポンサーの意向で視聴率ばかり気にしている民放なんて好きなことを報道すればいいと。
ですがNHKは違う、国民がスポンサーだと。
視聴率など気にせず、番組作りをしてもらって結構、受信料は喜んで払います、だけど有事の際はがんばってくださいねと心から応援していたのです。
なのに台風をほったらかして選挙。
民主主義の骨幹たる選挙も大切だが国民の生命・財産の方がもっと重要ではないのでしょうか、NHKは。
あの日・・「今夜は選挙の投開票が行われていますがNHKは国民の皆様の生活重視の観点から台風情報を中心にお届けします」と言ってくれたら受信料を倍払ってもいいと思ったのに期待外れもいいところでした。
今度の週末も22号が来る気配ですがどう出るのか、放送局は。
姿勢を見定めたいと思います。


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter