FC2ブログ
ゆうすけブログ
議員に年金制度は必要か
世間は平昌冬季オリンピックで盛り上がっていますが地方議会では予算審議が進行しています。
そんな中、国会では国民年金しか加入できない地方議員について厚生年金の加入を認める議員立法を検討中と2018年2月13日付読売新聞社説「地方議員年金・なり手不足解消につながるか」で論じられていました。
同社説によれば町村議員の平均月収は約21万円で引退後の生活を一定保証する制度設計も無いために前回2015年の統一地方選挙の町村議員選挙では無投票当選者が2割を超えたとありました。
加えて「民主主義にはコストがかかることを理解しなければならない」と。
確かに町村議会議員の報酬は業として考えれば同じ地方議員としても都道府県議員・市会議員と比べて著しく見劣りがするのは事実です。
「地方議員に年金制度は必要と思いますか」と街角でアンケートを行えばおそらく10人中9人はNOと回答するであろうことは私も想像できます。
それでも恐ろしいのは政治への蔑視が劣化へとつながり、最終は有権者に跳ね返ってくることが十分予想できるからです。
日本の再生は地方からと言うのであれば地方議会での若者・女性の参入ハードルを引き下げる努力も必要と感じています。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter