FC2ブログ
ゆうすけブログ
内田監督に見る出処進退のまずさ
日本大学アメフト部の内田正人前監督が関西学院との試合で選手にラフプレーを指示した問題は大きく取り上げられましたが警察や文科省・スポーツ省までもが乗り出す大事になったのは偏に内田監督の認識の甘さと日大の危機管理のゆるさ故でしょう。
あの記者会見で内田監督(元)と井上コーチ(元)は前日の日大M選手の謝罪を含めた涙ながらの会見を全否定して選手の個人プレーと断定したうえに監督・コーチは辞めると煙に巻くような身の施し方で事件の幕引きを狙いました。
世論はもちろん納得せず、関東学生アメリカンフットボール連盟は緊急理事会を招集し、内田監督と井上コーチを最も重い処罰である除名に処しました。
つまりはアメフト界からへの永久追放です。

内田監督はなぜ嘘までついて何を守ろうとしたのでしょうか。
どうせ記者会見まで開いて監督辞任を述べるなら無謀な指示を出したM選手とチームに謝り、その上で潔く辞任していたならばここまでの大事にはならなかったのにと悔やまれます。
その際に自身が就任している日大の常務理事は停止という甘い出処進退を下したことが批判を招いたのです。
アメフト部に係わるのはもういいから大学の権力機構には残って今後も影響力を行使したいという思惑が透けていたからこそ世間の指弾を浴びることになりました。

「出処進退」・・調べてみれば(出)は世に出て仕えること、(処)は公の仕事から身をひき家に戻ること、(進退)は仕事を続けるか辞めるかの身の振り方を言うようです。

内田監督は見事にこの出処進退を間違えました。
誰しも自分が築き上げてきた地位や身分にはついしがみついてしまうものです。
しかし、ここを間違えると評価を大きく落とすことになります。
権力亡者呼ばわりされ、組織も腐敗していきます。
結局、世論の追及に耐え切れず常務理事を辞任させられる羽目となりました。
結果は同じでも後味が悪く、(心)が残りません。

腐敗していたのが内田監督の指導体制だけかと思っていたら日本大学そのものの教育姿勢にも疑問が出ています。
まず大塚吉兵衛学長が記者会見で何が言いたいのかわからない意味不明の発言を繰り返し、その後は関東学生連盟の裁定への恨み言を言いふらし、顧みるところがありません。
文科省とスポーツ庁に出向き報告をしましたが「何を言っているのかよくわからない」と酷評されます。
歯切れの悪さが保身に繋がっているとの見方までされています。
日大の最高責任者・田中英寿理事長に至っては公の場に出てくることさえ拒んでいます。
文科省は大塚学長に(原因追及)(再発防止)と(学生保護)を要求しましたが内田氏のみならず大学の執行体制自体が学生に目がいっているのかはなはだ疑問だからこそこのような恥ずべき(大学にとって)項目が出てきたのでしょう。

現在、就職シーズンを迎えて日大の学生はどのように感じているのか、学生の立場になれば可哀想になってまいります。
学校がしっかりと学生を守る、そんな当たり前の姿勢を日大役員に求めたいと一連の騒動を見聞きして感じています。





カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter