FC2ブログ
ゆうすけブログ
お札の人物
長かった滋賀県知事選挙も今日が投票日です。
投票所に足を運びました。
ついでに近所のスーパーで買い物をしようとお財布の中身を覗いたら福沢諭吉氏や樋口一葉さんがいません。
いらっしゃるのは野口英世氏が3人でした。
これでは心許ないなと思ったのと同時にお札の人物ってどのような基準で決まるのかとも考えてしまいました。

調べてみれば我が国初めての紙幣で1円札が発行され肖像は神功天皇・・何と女性が選ばれていました。
1881年というから明治14年のことです。
同時に5円札では菅原道真・・これは何となく選ばれた理由がわかります、なんせ学問の神様ですから。
神功天皇は(三韓征伐)に乗り出した勇ましい女傑天皇ですが現在なら採択されないでしょうね、お隣が抗議するでしょうから。

少し年代が下り、1889年(明治22年)、1円札には代わって武内宿禰(たけうちくすね)・・誰じゃという人物です。
日本書紀や古事記に現れますが景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代の天皇に仕えた伝説の忠臣だそうです。
まるでクィーンの伝説のチャンピオンのようですがはっきり言ってなじみがありません。
同時に10円札には和気清麻呂(わけのきよまろ)・・これも平成に生きる私たちには過去の人というよりも知らない人です。
平安期の皇位簒奪を目論んだ(道鏡事件)を阻止した人物というのが主な功績の人だそうです。
また同時に100円札には藤原鎌足・・天智天皇と一緒に大化の改新の時に宮中で剣を振るった暴れん坊ですが全国津々浦々にいらっしゃる栄光の藤原家の皆さんの祖とも言われる方です。
このように見ると明治期は(忠臣ブーム)で皇室に貢献した人がお札になっていたのかなと納得しました。

戦後すぐは1946年(昭和21年)の1円札の二宮尊徳さん・・昔の学校に行けば校庭の結構いいポールポジションに薪を背負って本を読みながら歩く銅像が建っていました。
今なら車に轢かれるからやめなさいと言いたくなる人です。
わからないのは二宮尊徳さんは戦前、(修身の象徴)と呼ばれ、突き詰めると軍国教育のシンボル的存在に祭り上げられたのに日本が戦争で負けているにもかかわらず紙幣になっているのが不思議です。
造幣局にも骨のある人がいたのか、単にGHQが勉強不足だったのか。

私たち昭和40年少年少女には懐かしい伊藤博文氏は1963年(昭和38年)に千円札で登場しています。
政治家ですからいろいろ言われましたが特に伊藤氏は日本国初代総理大臣であると同時に朝鮮府初代総監だったため(日帝36年)とギクシャクしていたお隣から「なんで日本はあんな人物をお札にするのか」と私も抗議を直接聞いた覚えがあります。
これより政治家がお札になるのが何となく憚れるようになりました。
でもお隣もその伊藤氏を暗殺したテロリストの安重根をお札にしているのでこちらは「何で犯罪者をお札にしているのか」と問うべきでしょう。
大津でロシアのニコライ2世を襲った津田巡査がお札になるとたぶんプーチンさんから安部首相にクレームがつくのと同じ理屈かと思います。

これ以降は福沢諭吉氏や新渡戸稲造氏、夏目漱石氏など文化人で世界的に日本が誇れる人物が(無難なので)選ばれるようになったそうです。
個人的にはジャイアント馬場さんとか冒険家の植村直巳さん、「芸術は爆発だ」の岡本太郎さんや少し(かなり)難しいかもしれませんがミュージシャンの忌野清志郎さんなどがお札の肖像になれば日本経済も少しは明るくなるのではと希望しています。







カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter