FC2ブログ
ゆうすけブログ
アメリカはジャイアンかーワールドカップに見る栄光と孤立
前回ブログを更新してから世間ではいろいろなことが起こりました。
オウム真理教の元教祖・麻原彰晃の死刑執行や西日本豪雨で死者・行方不明者120名に迫る大々的な被害が発生したことなど。
宗教と犯罪や災害について書こうかと思いましたがテーマが今の私には重すぎてキーが打てませんでした。
それで今日の時点ではいよいよ大詰めに入ったサッカー・ワールドカップを観ていて感じたことを・・。

日本とベルギーの1戦は興奮しましたね。
大健闘です。
2点先行してこれはもらった!ジャパンサッカー史に残る勝利だと思ったのは私だけではないでしょう。
ですがサッカーの奥行きの深さと怖さを知った惜敗となりました、残念無念。
で、早くも次回大会に向けて日本サッカー界は盛り上がっているようですが勝てば官軍なんですかね、大会出発前は西野ジャパンはおじさんジャパンと馬鹿にしていたのに掌返しが凄すぎました。

これからはアジアの時代だ、何せ次は8枠だからとか、いやいや伝統とテクニックのヨーロッパだ、馬力の南米だ、スピードのアフリカだと世界中のサッカーファンがそのまま熱狂しているのにあれ?あの国は・・北米・・アメリカはどこに行ったの?
アメリカだけは蚊帳の外でワールドカップなど知らんふりです。

アメリカと言う国は少しひねくれたところがあり、ドラえもんで言えばジャイアンです。
お山の大将でなければ気が済まない、空き地の土管の上でジャイアンワンマンコンサートを開いて近所の子どもたちに強制的に聴かせる、気に入ったものは無期限に借りる、気に入らない奴はぶん殴る・・困ったちゃんなのですが不思議に地域のこども世界はジャイアンの平和で何とかなっているのです。

アメリカはとにかく自分がNO1でなければ気が済まない国です。
今さら頭下げて世界の強豪の中で汗水かくのはごめんだと思っています。
そんなことなら無視・無視・・アメリカにはアメフトがある、ベースボールがある、ゴルフがある、アメリカが1番になれるなら新しいスポーツとルールそして組織を創る・・ジャイアンでしょう?、発想が。
日本には野球というベースボースに似たものがあるから日本は子分にしてやってもいいぜという感覚です。

政治的にももちろんそうですね。
自分が主役になれなければTPPも交渉はやめ、CO2削減の為の世界目標である京都議定書も国益に反するとか言って脱退。
どこまでも我儘な奴です。
二酸化炭素を一番出している国のくせに。

それではスネ夫はどこの国でしょうか。
アメリカの腰巾着的なポジションでありながらおうちが少しお金持ちなので密かにジャイアンを小馬鹿にしている日本かなと思います。
静かちゃんは自由と伝統を重んじるフランスのイメージ。
難しいのはのび太とドラえもんです。
気が弱くて、気が良くて、他人頼みでとのび太は昭和の時代の日本的ですが今は該当しない感じです。
ドラえもんも困ったときに頼りになる・・こんな国ありません。
あえて言えば国連でしょうが現実はかけ離れています。
作者の藤子不二雄先生は将来の日本が科学技術やODA開発などで日本が世界の国々と仲良く、信頼される国になっていってほしいという思いを込めてドラえもん像を提示しているというのは私の深読みしすぎでしょうか。
ですがジャイアン・・トランプ大統領にそのままですね。







カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter