FC2ブログ
ゆうすけブログ
エアコンの夏
この前の8月7日が暦の上では「立秋」、文字通り秋が始まるの意ですがまったく季節を感じません。
農家の人と話していると「田んぼの稲穂が垂れてきてるので予定通り9月になったら刈るわ」とかおっしゃていますが元気ですね、お米が獲れたら分けてくださいねとしか言いようがない暑さが続いています。
私も半世紀生きてきて今夏の暑さはとにもかくにも゛異常゛だったと感じています。
異常と言うのは常と異なるというか、想定外と言うか、気象庁観測史上初と言うか、想像を絶する暑さに見舞われた夏でした。


それまでの夏場などは滋賀県でも大津の人や京都、大阪の人たちが「あ~暑いね、夜はエアコンを入れないと寝られんわ」とおっしゃっているのを「ホントにそうですね」などと適当に相槌をうっていて心の中では(うちはエアコン無しでも寝られるもん)と密かな優越感に浸っていました。
なにせ私の住んでいるのは滋賀県の高島市です。
高島は英語で直訳するとhigh island、つまり島です。
高い島、何かフィジーのような南洋の楽園の語感です。
故に夏涼しくて冬もっと寒いところです。

子どもの頃は夏になるとプールなどなかったので歩いて10分の琵琶湖までいって泳ぎました。
ある程度泳ぐと体がそれなりに冷えてくるので岡に上がり、Tシャツを着て下は海パンのまま歩いて家に帰りました。
冷えた体に夏の西日がちょうどポカポカと温めてくれるので帰り道は冷えポカ状態で気持ちがよかったものです。
家に戻ると冷蔵庫からスイカかかき氷を出してきて食べてから縁側でごろりと昼寝をするのが日課でした。
まさに楽園。

今年の夏は琵琶湖に入っても水温が高くて体が冷えません。
上がって歩いても太陽光が強すぎて電子レンジのように体を直射するので眩暈がします。
ぜんぜん楽園じゃない、むしろ亜熱帯。

そのようなわけで夜になっても気温が下がらず、この年になって初めてエアコンを入れて寝ています。
じゃなければ寝苦しくて熟睡ができない、これは高島で初めての夏です。
「暑さ寒さも彼岸まで」とも言いますがまだまだ当分は残暑の厳しい時期が続きそうです。



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter