FC2ブログ
ゆうすけブログ
日本シリーズか終わって
私はヤクルトスワローズのファンです。(サンケイアトムズの時代から)
従って福岡ソフトバンクホークスと広島カープが激突した今年の2018日本シリーズはそんなに関心がなくスルーする気でいました。
それが疲れて帰宅した時に何の気なしにテレビのチャンネルをひねったら(もうひねるじゃないんですね、昭和レトロな表現でした)日本シリーズ第1戦が中継していて、これも何の気なしにビール片手に眺めていたらどんどん引き込まれて延長戦の最後まで力を入れて観てしまったのです。
その試合は引き分けで終わりましたがとても奥が深い試合であり、これは全試合観にゃならんと決心して昨日のマツダスタジアムでの第6戦までどちらを応援するでもなく、強いて言えば両方応援しながら観戦しました。

繰り返しますが私はソフトバンクも広島にも興味がありませんでした。
両チームの4番に誰が座っているのかすら知らずにいたのです。
ソフトバンクの工藤監督は選手時代、常勝西武ライオンズの勝ち頭でしたが何となくチャラチャラしたキャラが嫌いでしたし、広島の緒方監督は選手の時はいいプレーを見せる渋い職人だったと思っていましたがあまりにも地味でわからない人でした。
しつこく繰り返しますがスワローズファンの私としては日本シリーズで過去に対戦してコテンパンにやられたホークスも嫌いでしたし、ここ数年台頭著しく球団史上初のV3を成し遂げている広島にも嫉妬していました。
前田健太が大リーグに行ったのでしめしめと思っていたら黒田が返ってきてV。
黒田が引退したと思ったら阪神から復帰した新井貴浩がシーズンで活躍。
これは広島の時代が当分続くのではないだろうか、我がヤクルトもクライマックスシリーズに何とか出るには出たが3位の巨人の下克上撃沈で終わり、その巨人もあっさり広島に敗れ、そんなに簡単に負けるなら挑戦権を譲ってくれよというのがヤクルトファンの偽わざる心境でした。(だいたい菅野を温存して何をしていたのだろうか、敗軍の将高橋由伸は・・)

しかしそんな怨念・嫉妬・卑下・見栄を吹き飛ばすほど今年の日本シリーズの両チームの戦いは見ごたえがありました。
もっと言ってしまうならカッコ良かったのです。
私が福岡に住んでいたらホークスの、広島在住ならカープの年間パスポートを買ってでも毎日球場に応援に行きたいと思わせる試合運びでした。
MVPにソフトバンクの甲斐捕手が選ばれましたが肩で受賞するなどとは長い日本シリーズの歴史でも寡聞にして知りません。
広島の誇る俊足をことごとく(甲斐キャノン)で封じたスローイングはお見事の一言に尽きました。
ソフトバンクの内川選手も今年2000本安打を達成したほどの実力と技量は誰しも認めるものですが私は彼のクセのありそうな外見が好きになれなかったところ、チームの為に第5戦、第6戦と過去の栄光をかなぐり捨てて送りバントを決め、それがいずれも決勝点に結びついたこと、デッドボールを浴びながらも果敢に試合に出たガッツ溢れる姿勢に一流プレーヤーの風格を見てファンになりました。
カープの新井貴浩も今年限りで引退を表明、試合では再三いいところで代打に出てスタジアムを沸かしましたがいづれも凡打に終わり、ついぞ快音が聞かれなかったのですがこれがリアルで良かったです。
ホークスのピッチャーが変に気をまわして甘い球を投げず真っ向勝負をしているのが野球の良さだと実感しました。
両チームのリリーフ陣も魅せてくれました。
完投能力がある先発投手を繰り出していましたが日本シリーズという短期決戦なのでお互いに1点の取り合い、1点も与えないという緊迫した試合を演出してくれました。
とりわけ、なかんずくカープのフランスア、一岡、ホークスの武田、森投手・・見事なリリーフでした。
堪能できました。

総じてレベルが高い日本シリーズだったので実のところ今日、第7戦を観たかったのですがソフトバンクが勢いを失速させずカープを押し切ってしまいました。
私は個人的に元広島カープの曲者キャツチヤー達川光男氏がソフトバンクのヘッドコーチとしてベンチでこそこそ動いていたのを注意して見ていましたが古巣いじめに徹していたようです。
この達川ヘッド、私が思うに球史に残る歴代2位の悪賢い捕手です。(1位は野村克也氏)
以上、両チームの選手の皆さん、熱い試合をありがとうございました。






カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter