FC2ブログ
ゆうすけブログ
最高の人生の見つけ方
明日死ぬとしたら何を考えるだろう、明日と言わず余命がわかったら何をするのだろうとたまに思ったりします。
人が自分の人生で確実にわかっているのは自分がいつか死ぬことだけ。
大変わかりきったことながらこれは人類にとって普遍のテーマであり、個人にしてもそれぞれの捉え方がこうも違うのかと驚きを禁じ得ないものです。
ある人は会社を辞めて旅に出るかもしれないし、またある人は自暴自棄の生活を終末まで送るかもしれません。
今までの毎日、毎日の生活をただ何となく生きてきたことを激しく後悔する人もいれば、後に残される人(家族や組織のメンバー)の為に残りの命を再び燃え滾らせる人・・様々と思います。
私個人としては死ぬという事が異常に怖かった頃があります。(幼少期)
今、初老を迎え人生というものをもう一度考えてみれば死への恐怖よりも生の尊さの方が勝っているような気がしています。
これは陳腐に(人生は素晴らしい)といった生命賛歌とは少し違っているような感覚ではあります。

生と死については普遍的テーマと申し上げました。
これまでに洋の東西を問わず多くの文学・音楽・絵画・演劇・映画などがこの課題について取り上げてきました。
そのごく一部ですがこれもごく最近、私が観て考えさせてくれた作品として・・・・

『最高の人生の見つけ方』
2007年公開の映画です。
大金持ちで剛腕の実業家(ジャック・ニコルソン)と勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)。
お互いの人生は交わらないと思われるもののひょんなことからガン病棟で同室入院となります。
余命半年と宣告された2人は棺桶をつくり、そこに死ぬまでにやりたいことを書き込んだリストを放り込みます。
生涯最後の冒険に出かけ、ピラミッドに登り、ダイビングに興じ、憧れのスーパーカーでレースコースをぶっ飛ばします。
でも流砂の中から出てきたわずかな砂金のように2人の人生で最後に本当にやらなければならないことが現れた時2人が取った行動は?

『生きる』
1952年(昭和27年)と相当古い映画になりますが監督は黒澤 明氏。
ある市役所に勤める市民課長(志村 喬)は無気力な公務員を絵に描いたような人物。
役所自体も住民からの声をたらい回しにしてはばからない典型的な形式主義に支配されていました。
そんな時、市民課長に胃がんが発見され余命6っか月が宣告されます。
自暴自棄になって職場を無断欠勤して夜の街を飲み歩く課長にある女性が近づき・・・。
自らの生の限界を受け入れた彼は住民からの要望が強かった公園の建設に奔走し始めます。
頭の固い役所の上司や同僚を説得し、反社会的勢力を前に一歩も引きません。
彼には怖いものがなくなっているからです。
そして公園が出来上がる時がきました・・・。

『クリスマスキャロル』
英国の文豪チャールズ・ディケンズの小説です。
個人商会を営む守銭奴のスクルージーは強欲で冷酷無比、街の誰からも嫌われていてもはばかりません。
クリスマスイブの夜、そんな彼の元に3人?の精霊がやってきます。
それぞれ(過去)(現在)(未来)と名乗り、スクルージーを彼の人生のポイントに連れていきます。
一夜明けて我に返ったスクルージがとった行動とは。







カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter