FC2ブログ
ゆうすけブログ
ピエール瀧逮捕に思う
芸能界情報に疎い私がミュージシャンで俳優のピエール瀧さんを知ったのはまだ5年ばかり前のことでした。
その頃(平成25年)の春といえば私は失職し無軌道な生活を送っており、朝から日がな一日、テレビを眺めているご隠居のような(身分)でした。
そんな時、NHK朝ドラで春からの新番組(第88回制作)として「あまちゃん」を放送していました。
これはよくできたドラマでまだ東日本大震災の爪痕が残っている東北にエールを贈りながら一人の少女が東京に出て奮闘、また故郷に戻って活躍という、人生の指針を失いかけていた私にカツと勇気を与えてくれるドラマだったわけです。
少女・天野アキ(能年玲奈)も天才的な役作りでしたがその母・天野春子(小泉今日子)の若い頃の行動が少女の今に重なった親子二代の物語ともなっており、その母の若い頃の役を有村架純さんが演じたり、少女が東京に出た際の付き人として仕えた歌手の大物に鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)がいて小泉母と(潮騒のメモリー)を被災地で歌うくだりなどは朝ドラ史上まれに見る感動の一コマと言われたものでした。
ピエール瀧さんはこのドラマでは脇役なのですが東京EDOシアター裏の寿司店「無頼寿司」の大将役で口数は少ない強面の職人なのですが時たま見せる笑顔が魅力的で少女が故郷・岩手に戻った後わざわざバイクを飛ばして応援に駆けつけてくれるという人間味があるところに惚れたものです。

前置きが長くなりましたがそのピエール瀧さんが厚生労働省麻薬取締部(通称マトリ)に麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたのが今月12日深夜だったわけですがファンの一人として大いに驚きました。
何かの間違いであったらいいのにと思っていましたがその後の取り調べで本人の供述が事実を認める方向であるとの報道を受けて落胆しています。
ネットでみていると今回の逮捕に関連してピエールさんのツアーの公演中止やドラマや映画の降板・代役での急遽の取り直しやCMの放送中止、グッズの販売中止、地元静岡ではピエールさんの似顔絵が入ったマンホールのふたの取り換えなどソ連が倒れた時のレーニン像引き倒しを彷彿させるような騒ぎになっており影響の大きさを窺わさせられます。
一説によれば被害額は100億円規模となるとのことでピエール瀧さんの刑事罰が確定した後でも民事でこれだけの賠償を負いきれないのは明らかですから個人としては破たん状況だと思えます。
つくづく反社会的行為には十分気をつけて日頃から心しないといけないと思います。

そんな時、前東京都知事である舛添要一氏のツイッターでピエールさんを擁護するつぶやきが投稿され反響を呼びました。
全文は冗長になるので勝手に要約させて頂きますが、「新井浩文、勝新太郎の例もあるが芸人はマージナルであるからこそ常人に不可能な創造ができる、エンタメは定義されれば面白くない、品性方向でも面白くなければ意味がなく、芸人は道徳が支配する国では芸術として文化として育たない(中略)不祥事を起こした芸人の参加作品などは切符を買って視聴する映画・芝居・コンサートなどは行かなければいいだけであって公演を中止する必要性はない、宗教国家であるまいし、道徳は優秀な才能を窒息させる」とありました。
さすが舛添氏、意味不明の論調です。
麻薬を摂取すれば芸術家として開花するのか?
芸人は社会的規範から自由であればいいのか?
道徳を保守、継承するなかで芸術として凛とした表現が受け入れられるのではないのか?
日本は宗教国家ではないが法治国家である。
重ねましてファンとしてピエール瀧さんの一日も早い更生を願っています。






カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter