FC2ブログ
ゆうすけブログ
湖国の統一地方選挙始まる
今年は選挙の年、選挙イヤーです。
我が滋賀県も全国一律、統一地方選挙がいよいよ始まりました。
その先駆けとなるのが県会議員選挙です。
3月29日に告示され4月7日に投開票となります。
その後は大津市議選挙、彦根市議選挙、近江八幡市議選挙、栗東市議選挙、日野町議会議員選挙と続き、夏の参議院選挙へとなだれ込んでいきます。

ところで様々なデーター、調査によればここ数年で地方選挙の立候補者数が激減しており、無投票当選率も上がり、ところによれば定員割れという地方公立高校並みの状況が進捗しているとのことです。
これは地方の活力減退を象徴している誠に憂慮すべき事態と言えましょう。
朝日新聞社の調べによると2007年~2010年と2015年~2018年を比較して首長で8%、議員で9%の立候補者が減少し、無投票率は19%増加したとのことです。
政治家は魅力のない仕事になったのでしょうか?
確かに停滞感漂い、閉塞感に満ち溢れた現代社会において政治家一本で生きていくにはよほどの根性が必要だとは思います。
ある意味、中世の虐待されながらも布教をすすめた活動家並みのメンタルが求められるのかもしれません。
マックス・ウエーバーが唱えた職業としての政治が成り立たない時代がきているのかとも思ってしまいます。
ですが政治が銀行の融資手続きや弁護士のようにAI化にとって代わられるということは悪い冗談であり、人間味感じるまちづくり、血の通った政(まつりごと)から現実を遠ざけることは否定すべきです。

少し脱線しましたが今春の湖国の県議選挙もそのような傾向を受けて13ある選挙区でははっきり濃淡というか緩急の差が出ています。
ぶっちゃけ、選挙が過熱して激しい選挙戦となることが予想される地域と陽だまりのように緩く、あるいは風も吹かない無投票当選の地域の差が歴然と見て取れます。
熱い選挙区としては・・大津市・草津市・守山市・野洲市・彦根市&犬上郡・長浜市・近江八幡市・東近江市&日野町&愛荘町・甲賀市・米原市などです。
これらの選挙区では予断を許されない選挙戦が展開される見通しです。
反対に緩い選挙区では湖南市・高島市・栗東市が挙げられます。
緩いと言うとこれらの選挙区の立候補予定者は怒るかもしれません。
「緩いとは何事ですか!選挙にならないほどこの4年間を必死に活動してきた結果で対抗者が現れなかっただけのこと、言わば隙をつくらなかったからです!」
わかってます、わかってますってそんなこと、私を誰だと思っているのでしょう。
滋賀県の選挙の裏までこの30年間知り尽くしてきたのですから。
平成の滋賀県選挙のいづれにも関わってきたのですから。
その意味でこの県議選挙の当落も今の時点である程度わかりますがこれはネットで出すものではありませんから今日はここまでにさせて頂きます。



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter