FC2ブログ
ゆうすけブログ
萩生田談話は失言なのか
今日は4月21日日曜日。
滋賀県内では統一地方選挙の大津市議会・彦根市議会・栗東市議会・近江八幡市議会議員選挙の投票日です。
該当の市民・有権者の皆さまにおかれましては投票所にお運びいただき、貴重な権利を行使していただきますようお願いいたします。

さて国政では沖縄3区、大阪12区の補欠選挙(衆院)の投票も始まりました。
自民の旗色が悪いです。
本日、この二つを落とすことになると一挙に政局が流動化いたします。
この前に滋賀県の県議選挙で公認を取りながら落選の憂き目にあった方としゃべっていました。
選挙が始まり、選挙カーを走らせ街頭演説で「自民党!自民党の〇〇!ご挨拶に参りました!」と街頭演説しても市民の感触がとても悪かったと述懐しておられました。
安倍政権になって自民党を押し出してこんなに冷ややかなのは初めてだったと。
閣僚が次々に問題発言をしていて党自体がたるんでいて、長期政権になっているので国民から飽きられているのかなとも言っておられたので私も「それはありかも」と返していました。

確かに選挙前に塚田一郎国交副大臣が山口・福岡ラインの建設で「安部、麻生両重鎮の選挙区なので忖度しました」と口をすべらせ辞任。
桜田義孝五輪相が応援に入った会場で「〇〇さんは震災復興より大事」とこれも問題発言で辞任。
聞いていても頭が悪いのかと思ってしまいました。

誤解のないように言っておきたいのですが私は安部政権を支持しています。
戦後の内閣の中でも一二を争うほど仕事をしていると思っています。
その前の民主党政権ともう一度比較してもらいたいのです。
民主党暗黒の3年半は為替は超円高を放置して経済は滅茶苦茶(1ドル73円ですよ、輸出産業が壊滅です)、日銀の介入は一切なし、株価は低迷、ついでに年金や国債の運用も危機水準に。
デフレは進行してGDPはマイナス成長。
外交でも親友のはずだった中国から圧力をかけられ、領海侵犯の毎日で国防も心配。
マニフエストは何一つ達成せず、公約違反を連発、国民の政治不信を招き、迷走に次ぐ迷走、日本をどうしてくれるのかというところまで追い込んだ政権でした。
運営能力もないのに政権を(選挙で)担当させた国民も反省しなければなりません。

話を本題に戻して、4月19日に自民党幹事長代行の萩生田光一代議士が「景気の腰折れを招く恐れがあるこの秋の消費税増税を延期するやもしれない、その場合は国民に信を問う必要がある」と言及して波紋を呼びました。
さてこれも閣僚、党要職者による失言の類でしょうか。
私はそう思いませんでしたが、マスコミは一斉に反応して反対キャンペーンを繰り広げました。
商工会議所会長を会見させ「延期は意味がわからない」と言わせたり、街角に出てサラリーマンをつかまえ増税も仕方がないですね、だって国の借金が増えているんでしょう、年金も危ないらしいと聞いていますと言わせたりあの手この手で萩生田発言を封殺しようと躍起でした。

財界もマスコミももちろん元締めの財務省も増税に血道をあげています。
このままでは日本は国家破たんする、そうなれば老後の生活など吹っ飛ぶぞと日々、国民を脅し、啓蒙して増税を納得させようとしています。
ですから国民は自分たちが大借金をしてこれを税負担で返さなければならないと律儀に思わされているだけです。
増税容認派(推進派?)には二種類の人間がいます。
洗脳され、増税やもなしと思っている人たちと増税によって利権を得る立場の人たちです。
もちろん全ての税の見直し(増税)が悪いと主張しているわけではありません。
消費税増税は国民生活を直撃し、景気のリッセション(後退)を招き、令和不況と経済長期低迷を現出する一方で税負担が低所得者に極めて不公平ゆえに格差が広がるから反対なのです。

萩生田幹事長代行は日銀短観の6月度が悪化していれば増税延期の可能性がある含みを出しました。
いい戦略だと思います。
どうせ今夏の参議院選挙は消費税増税が争点になります。
そうなれば自民党は負けます。
ここで消費税増税は延期(できれば凍結)を訴え、国民の信を問うために衆院も解散、W選挙に討って出れば活路は開けます。
連携が取れない野党は出遅れ、参院の過半数は維持できる公算が大です。
長期政権を築くには解散総選挙を繰り返さねばなりません。(もちろん解散の大義は必要です)
安部首相の決断が注目されます。








カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter