FC2ブログ
ゆうすけブログ
バターと規制
朝食はごはん派だった私も最近はパン食になってきました。
パンもオーソドックスな食パン。
オーブンでキツネ色になるまで焼いたパンにたっぷりバターを塗ってサクサク食べるとバターの何とも言えない良い香りとほんのり塩味がきいて快適にスタートできます。
お供は目玉焼きかゆで卵と一杯の珈琲。
パンにはやはりバターだなと思ってしまいます。
ジャムやマーマレードは確かにおいしいのですが朝食には甘すぎて。
それとマーガリンは論外。
トランス脂肪酸の塊で常食すれば心臓疾患リスク、動脈硬化、ガンリスク、アトピー性皮膚病の発症など確実に健康を害するもので避けた方がいいというか食べてはいけないものの筆頭です。
海外では販売禁止となっている国が多いのに日本では普通にスーパーに並んでいます。

さて、バターを毎日食べるようになってから思い出しました。
あれは今から11年前、2008年秋から暮れに起こった「バター消滅事件」です。
なにしろ日本全国のスーパーの棚からバターが消えたのですから。
おかしい?バターって牛乳から作るのに生乳はダブつくほどあるのにバターだけ無くなるとは・・。
謎は深まりました。
誰かが金儲けをしようとバター不足に誘導しているんじゃないのと陰謀論まで飛び出しましたが犯人はわからずじまいで批判の矢は農水省に集中しました。
農水省は慌てて「牛乳が採れない」(嘘・余っていました)「酪農家が減少している」(これも嘘)と苦し紛れの言い訳に終始しました。
このバター不足はこの年だけで収まらず2014年、2015年、2016年と尾を引きました。

この超常現象を目の当たりにして誰もが考えたと思います。
(でも国内のバターが無いなら外国から輸入すれば?、報道では北海道しか映らないけど他府県ではバターの生産をしていないの?)
調べてみればバターの輸入を独占しているのは(農畜産業振興機構)という農水省OB100%の純粋な天下り機関が牛耳っていることがわかりました。
バターを海外から輸入しようとする民間業者は一次関税、二次関税という高い税金を支払った上にまだ件の機構に(マークアップ)なる上納金を納めなければならないのです。
機構は加えて海外事業者からバターの購入に際して入札を行い、最も安値の業者から買い、国内に再販する時にはこの入札の最高値で卸し右から左だけで莫大な利益を上げています。
輸入権を独占しているので言い値です。
これでは民間としては業として成り立ちません。
ですから日本ではほとんど外国産バターは流通していません。
これは機構に問い詰めると「国内生産を守る為」との回答。
それなら潤沢にバターを流通させろよ、酪農家が減少しているなど言い訳するなと言いたくなります。
不足のバターを高価に買わされる消費者こそいい面の皮です。

もう一つの「なぜ北海道だけバターの生産がおこなわれるのか?」という疑問ですがこれも農水省の岩盤規制が絡んでいました。
北海道一極集中という(生産統制)の賜物です。
カラクリは(加工乳補助金)というものですが公式見解としては牛乳の生産性の高い北海道から各都道府県に流れる牛乳の量を調整する為と謳っているものの北海道に加工工場を持つ乳製品メーカーに便宜を図って優遇するために結果としてバター王国・北海道を生み出しています。
国内では生産された牛乳は指定団体(日本には10あるが全て農協である)が買い取り、乳業メーカーに卸されます。
酪農家は牛乳を全て指定団体に売った場合に限り補助金を受け取ることができます。
規制の際たるものとして(加工原料乳生産者補給金等暫定措置法)によると牛乳生産の全体の5割以上を加工乳に回している酪農家に限りこの補助金が受け取れますが実際問題としてそんな余力のある酪農家は北海道しか存在せず、結果としてバター生産は北海道以外では赤字になるという構造です。
北海道が少しでも生産量を減らせば全国的にバター不足が招来するというのも理由としてわかります。
もとは国民の血税が補助金という名目の利権として使われ逆ブーメランとして品不足と高値の商品として消費者に跳ね返るというのは納得しかねるところです。
同じような規制は至る所にあります。
ようやく農業でも減反政策が廃止になりましたがあれも戦後の食糧不足に対応する食管法が生み出したものでした。
今や食品ロス問題が逆に叫ばれる飽食の時代です。
省庁の規制法令はほとんどが戦後間もない頃か経済成長華やかな時代のこの令和から見れば30年から50年は時代遅れのものばかりです。
国会議員ももっと勉強して頂いて北方領土に行って「戦争しろ、女のいる店に連れていけ」とか唸っていないで真に国民の為になる改革に着手してください。










カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter