FC2ブログ
ゆうすけブログ
N国党とは何者?
昨日の4日から第25回参議院選挙が告示され21日投開票までの長い選挙戦のスタートが切られました。
今回、勝敗を分けるものは1人区、なかでも滋賀県は注目区となっています。
現職で自民公認・公明推薦の二之湯武史候補と元滋賀県知事で立民・国民・社民・共産推薦の嘉田由紀子候補との一騎討ち、ぶつかり合いの行方に注目していました。
4日の夜に帰宅して、(やれやれ選挙の序盤はどうなったかな)とTVのリモコンを押してBBC(びわこ放送、英国放送協会ではない)のニュースを観ようとしました。
画面にぱっと映った人物は40代ぐらいの少し小太りながら笑顔で髪を後ろに長く束ねた芸術家風の男性。
おや?〇〇さん、何をインタビューされているんだ・・。
〇〇さんは同じ町内に住む陶芸家です。
参議院選で訴えるのはただ一つのことですとか何とかわけのわからない出馬表明をしていました。
〇〇さん、何か悪いものでも食べたのかと思っていたら別人だとわかりました。
それにしてもこの選挙は一騎打ちだと思っていたら飛び入りが出たよと感心して観ていたらN国党ですと言っていました。
N国党?
日本国党の略か・・イスラム国みたいなものかと慌ててPCで検索したら「NHKから国民を守る党」とあり、ゲゲ!浅学にして知らなかったそんな政党ができていたなんて・・と驚きました。
更に調べると発足は2013年に遡り、今年の春の統一地方選挙でも首都圏や関西の大型団地がある選挙区に47名を擁立してうち26人が当選と堂々たる地方政党とありました。
今回の参院選でも全国に比例区も併せて40数名の候補者を出したようです。
NHKの不合理な運営を正すべく政治活動をしているらしいです。
できれば「朝日新聞から国民を守る党」も出てきて欲しいと思いましたが選挙ポスター掲示板を見に行くと1番のところがぽっかりと抜けていてどうもポスターは貼る意思はないようです。

実は私は2年前の冬に頼まれてNHKの仕事で京都伏見区の住民意識調査を2か月ばかりやったことがあります。
協力してくださった自治体は多かったのですが集合団地、アパートなどにお住まいの住民の皆さまはNHKと聞くと嫌な顔をされることが多かったのを憶えています。
その後、東京に行って臨時取材職員をやらないかと勧められましたが億劫でお断りしました。
それからも滋賀にいます。

さて、NHK贔屓だった私ですがこの2年間の活動や人様の生のご意見を聴くにつれ(NHKは今のままではいけないのではないか、改革した方がいい)と思うようになりました。
ですから投票はしませんが今回のN国党の主張もすごく理解できます。
まず受信料が高すぎる。
口座振替でBS放送が入れば月額2,230円、一般地上契約だと1、260円。
普段NHKをそんなに観ていない人がこれをどう思うかです。
もちろん最近のテレビ受信環境でBS(衛星放送)が入らないなんていうことはほぼ無いので高額2千円超を家計から強制で持っていかれるのです。
今回の選挙でN国党の主張はNHK受信料を支払った人だけが視聴する(スクランブル放送)を導入すると訴えていますが賛成です。
受益者負担の原則にも叶いますし、憲法で保障された行動、すなわち見ない自由にも合致します。
後は国会で放送法(特に24条)を改正すればいいだけです。

NHKサイドとしては災害を含めた有事のニュースを民放局ではできない公平性と即興性で報道するので国民から広く受信料を徴収することが必要と訴えてきましたがそれならばNHKを分割して報道局に絞り受信料を徴収する、歌番組や娯楽性の強いドラマなどは民放と競わせる、それだけで製作費はうんと安くつき受信料も国民が納得する額に落ち着くでしょう。
そもそもNHKの財務諸表を見ると純資産が8,000億円超、これは国内大手自動車メーカーや重化学工業の内部留保を大きく上回ります。
NHKは国民から広くお金を集めて何をしたいのか、謎です。
資産1兆2354億円、負債4000億円だから純資産8000億円です。
ひがみ根性丸出しなのであまり言いたくないのですがNHK職員は現在1万人(公式HPでは1万303人)、職員給料総額は半期で約600億円、年収にすると1人当たりが1100万円に近くなります。
もちろん平均はあくまで平均であって局長クラスだと2000万円、理事だと3000万円と言われています。
ちなみに民間給与実態統計調査によれば日本人の平均年収は男子521万円・女子280万円となっていますが民間から大きくかけ離れた給与体制に支払う方(国民)としてはそれだけの仕事をしているのかと疑ってしまいます。
たかが参議院選挙、されど参議院選挙、こんな時こそ日本の矛盾や争点が見えてきます。

一昨日の4日から第25回参議院選挙が告示され21日投開票までの長い選挙戦のスタートが切られました。
今回、勝敗を分けるものは1人区、なかでも滋賀県は注目区となっています。
現職で自民公認・公明推薦の二之湯武史候補と元滋賀県知事で立民・国民・社民・共産推薦の嘉田由紀子候補との一騎討ち、ぶつかり合いの行方に注目していました。
4日の夜に帰宅して、(やれやれ選挙の序盤はどうなったかな)とTVのリモコンを押してBBC(びわこ放送、英国放送協会ではない)のニュースを観ようとしました。
画面にぱっと映った人物は40代ぐらいの少し小太りながら笑顔で髪を後ろに長く束ねた芸術家風の男性。
おや?〇〇さん、何をインタビューされているんだ・・。
〇〇さんは同じ町内に住む陶芸家です。
参議院選で訴えるのはただ一つのことですとか何とかわけのわからない出馬表明をしていました。
〇〇さん、何か悪いものでも食べたのかと思っていたら別人だとわかりました。
それにしてもこの選挙は一騎打ちだと思っていたら飛び入りが出たよと感心して観ていたらN国党ですと言っていました。
N国党?
日本国党の略か・・イスラム国みたいなものかと慌ててPCで検索したら「NHKから国民を守る党」とあり、ゲゲ!浅学にして知らなかったそんな政党ができていたなんて・・と驚きました。
更に調べると発足は2013年に遡り、今年の春の統一地方選挙でも首都圏や関西の大型団地がある選挙区に47名を擁立してうち26人が当選と堂々たる地方政党とありました。
今回の参院選でも全国に比例区も併せて40数名の候補者を出したようです。
NHKの不合理な運営を正すべく政治活動をしているらしいです。
できれば「朝日新聞から国民を守る党」も出てきて欲しいと思いましたが選挙ポスター掲示板を見に行くと1番のところがぽっかりと抜けていてどうもポスターは貼る意思はないようです。

実は私は2年前の冬に頼まれてNHKの仕事で京都伏見区の住民意識調査を2か月ばかりやったことがあります。
協力してくださった自治体は多かったのですが集合団地、アパートなどにお住まいの住民の皆さまはNHKと聞くと嫌な顔をされることが多かったのを憶えています。
その後、東京に行って臨時取材職員をやらないかと勧められましたが億劫でお断りしました。
それからも滋賀にいます。

さて、NHK贔屓だった私ですがこの2年間の活動や人様の生のご意見を聴くにつれ(NHKは今のままではいけないのではないか、改革した方がいい)と思うようになりました。
ですから投票はしませんが今回のN国党の主張もすごく理解できます。
まず受信料が高すぎる。
口座振替でBS放送が入れば月額2,230円、一般地上契約だと1、260円。
普段NHKをそんなに観ていない人がこれをどう思うかです。
もちろん最近のテレビ受信環境でBS(衛星放送)が入らないなんていうことはほぼ無いので高額2千円超を家計から強制で持っていかれるのです。
今回の選挙でN国党の主張はNHK受信料を支払った人だけが視聴する(スクランブル放送)を導入すると訴えていますが賛成です。
受益者負担の原則にも叶いますし、憲法で保障された行動、すなわち見ない自由にも合致します。
後は国会で放送法(特に24条)を改正すればいいだけです。

NHKサイドとしては災害を含めた有事のニュースを民放局ではできない公平性と即興性で報道するので国民から広く受信料を徴収することが必要と訴えてきましたがそれならばNHKを分割して報道局に絞り受信料を徴収する、歌番組や娯楽性の強いドラマなどは民放と競わせる、それだけで製作費はうんと安くつき受信料も国民が納得する額に落ち着くでしょう。
そもそもNHKの財務諸表を見ると純資産が8,000億円超、これは国内大手自動車メーカーや重化学工業の内部留保を大きく上回ります。
NHKは国民から広くお金を集めて何をしたいのか、謎です。
資産1兆2354億円、負債4000億円だから純資産8000億円です。
ひがみ根性丸出しなのであまり言いたくないのですがNHK職員は現在1万人(公式HPでは1万303人)、職員給料総額は半期で約600億円、年収にすると1人当たりが1100万円に近くなります。
もちろん平均はあくまで平均であって局長クラスだと2000万円、理事だと3000万円と言われています。
ちなみに民間給与実態統計調査によれば日本人の平均年収は男子521万円・女子280万円となっていますが民間から大きくかけ離れた給与体制に支払う方(国民)としてはそれだけの仕事をしているのかと疑ってしまいます。
たかが参議院選挙、されど参議院選挙、こんな時こそ日本の矛盾や争点が見えてきます。







カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter