FC2ブログ
ゆうすけブログ
ある自民党員の杞憂(滋賀より)
参議院選挙はいよいよ今月21日の投票日まで今日を入れて6日となりました。
このブログで以前申したように自民党は全国的に堅調です。
東北でいくつか負けて、長野や愛媛や沖縄で負けても勢力維持です。
ただ、この滋賀においてはマスコミの中間情勢では互角とありますが相手候補が1歩リードしています。
この春先から以前取った杵柄で独自に調査していたら芳しくない数字が出ていたので関係者には警告していました。
その傾向がこの選挙戦終盤までズルズルときているなというのが率直な感想です。
この嫌な雰囲気はあの麻生総理の時代、政権交代選挙の感じまんまです。

プロなら断言できますが選挙は候補者、選対組織にとって一番辛いのは選挙が始まる前です。
むしろ選挙が始まればセレモニーなのでかえって楽ちんであり、告示・公示の日はほっとするものです。
ある意味、選挙の勝ち負けはもう出ているのですが選挙中に頑張ってひっくり返したという事例も過去には多くあるので最後まで諦めてはいけません。
それも条件があって候補者と選対がしっかり情報を握って共有していることが大切です。
負けているのに勝っている、勝てると錯覚していれば最後の勝利は相手に持っていかれるものです。

さて、私はこのブログで互角か互角以下と言ってきました。
それがそのまま続いていますがまずこの段階で選対本部(県連)がしなければならないのは明日にも緊急選対会議を開いて各市町の自民党連協会長、支部長、地区幹事長に来ていただき情報を包み隠さず開示したうえで、各市町の票読みをその場で発表してもらうことです。
どうしても希望的観測に基づいた根拠の無い数字が出てきますがこれは口論となってもしかたがない(選挙にはある程度必要)ので本部からきっちり押さえた数字を伝え、新たな目標数字を示し、ひたすら実行して頂くようお願いするほかありません。
この段階で1軒1軒への戸別訪問など公選法違反になりますから事務所に支援団体の方の名簿を持ってきて頂き、団体として再度のお願い電話をして頂く、党員の方に事務所に入ってもらい、携帯に登録してある名簿からお願い電話を入れて頂くほか追いつく術はありません。
同時に選対本部の役員は手分けして各団体に訪問して支援を訴える、各支部にもそうしてもらう、事務所を空にしても歩くしかありません。
滋賀が危ないというのは党本部が一番わかっていて今日も明日も明後日も総理や官房長官、元幹事長、人気者の青年局長が初日に続いてテコ入れの為に陸続と来県されますが困ったことに滋賀県の本部がその対応で余計な気を使い、おもてなしに終始して票取りが出来ていないということです。
個人演説会の動員、街頭演説の動員、運転手や運動員への指示そんなことに振り回されて肝心の候補者が霞んでしまうのです。
そこに行くのはいつも同じメンバー、同じ顔触れ、商店街を練り歩いてもそこはもともと自民支持層だから盛り上がっているように見えるだけで選対本部すらややもすると妙な安心をして弛んでしまっている光景がみられました。
政府や党の要人を連れていくのですから厳しい現場は見せたくないとする気持ちはわかりますが・・・。

私が後ろからついていって沿道の方々に訊くと、「ああ、期日前投票行ったで、書いたで、自民党と・・・え!選挙区は?〇〇やけど・・」。
それは相手候補でしょ、とほほ・・。
浸透していません。
電話がかかってきたというのはもっぱら相手候補の陣営。
上滑っています。
だからこそふんどしを締め直して残りの日数で追いつき追い越してもらいたいのです。






カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter