FC2ブログ
ゆうすけブログ
Tシャツの柄ー日本アニメの実力
先週の日曜日、干した洗濯物を取り入れたたんでいた妻が私に「ねえ、どうしてこんな柄のものばかり買ってくるの?」とクレームをつけてきました。
私がこの夏にユニクロで買ったお気に入りのTシャツです。
柄は尾田栄一郎の「ワンピース」の登場人物、アラバスタ編の悪の組織バロックワークスNo2ことおかま拳の達人、ボンクレーことボンちゃんがどアップで描かれているシャツです。
若者の間では「ワンピ」と言われ、世界中にファンがいる海洋冒険譚です。
私は主人公のルフィーよりこのボンクレーの方が好きでユニクロで見つけたときは衝動買いをしました。
ボンクレーは(おかま)なのでお姉ェ言葉を使うのですが語らせれば熱いのです。
「友情ってヤツァ・・つき合った時間に関係ナッスイング!!」
「命をかけて友達(ダチ)迎えにいく友達(ダチ)を・・見捨てておめえら明日食うメシが美味ェかよ!!」
義理と友情を大切にするボンちゃんを気に入っています。
妻が「まさか・・それ着て今津の街を歩いていないわよね?」と訊くので「うん、歩いてるよ」と答えると「やめてよ!そんなオタクが私の夫と思われたらこっちまで恥ずかしくて歩けなくなっちゃう」というので内心は(もっと他に恥ずかしがることがあるだろう)と思いました。

余談ですが日本国内では圧倒的人気の「ワンピース」ですがヨーロッパではワンピより「NARUTO(ナルト)」の方が人気が高いそうです。
どうも海賊モノは「パイレーツオブカリビアン」のイメージが定着していて忍者の世界を描いたNARUTOの方が海外ではジャパンオリジナルを感じるようです。
忍者とか忍術とか受けますよね、確かに外国人には。
最近、甲賀忍者屋敷に行ったら忍者の恰好をした黒人男性に会ってびっくりしました。
お仲間が笑いながらスマホで写真を撮っていましたがこれがジャパンクールなのでしょう。
それなら日本の海賊マンガも「倭寇」とかを作ってみたらどうだろうと考えましたが歴史的に見て倭寇の中心は当時の大陸の人々だったので倭寇の青年・劉とか言ってもあまり受けないと思いボツです。

それにしても宮崎監督やジブリ、その後継とも言うべき「君の名は」の新海 誠監督や「サマーウォーズ」の細田 守監督の作品が海外でも評価され日本人としても鼻が高い昨今、その聖地である京都アニメーションに放火するという不埒ものが現れました。
世界中がこのニュースをどう受け止めたのかが端的にわかる例として国連事務総長のグテレス氏が「放火で命を落とされた方々を思い深い悲しみにつつまれている、負傷した方々の早期の回復を祈る」と異例の哀悼の言葉が発表されました。
今、NHKの朝ドラ「なつぞら」でもちょうどアニメ制作に青春をかける若者像が放映され人気を博しているところなので今回の事件はとても後味悪く、犯人の身勝手な犯行動機には怒りすら覚えてしまいます。






カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter