ゆうすけブログ
飲み会
昨日は久々に県庁職員さん(OB多数含む)、十数人と飲み会をいたしました。
年度末ですが移動なども発表され多少は落ち着いた雰囲気でした。
県庁も滋賀県のれっきとしたシンクタンクなのですから明るく元気にがんばっていただきたいものです。
老いるということ
老いるということは社会科学的に診れば(世の中の動きに鈍感になる)ことかと昔から一部のお年寄りに対して幻滅していたことを告白します。
50を越えて(初老)を迎えた今だから言えますがいわゆる老成でもなく達観でもない社会に対しての(無関心)に若い頃は腹立たしかったのです。

「そんこともういいやないか」「なるようになるわ」とかを行政懇談会の場で言われた日には(何しに来てるんや、この人らは・・)とやり場のない思いでいっぱいになったものでした。
賛成でなくてもいい、反対なら反対ではっきり理由を聞かせてもらえれば議論として成り立つ、むしろその方が盛り上がる(失礼)発展的議論として成立するのにと思ったものでした。
今まで生きてこられて人生経験を積み、企業なら相談役、政界ならご意見番とも言われる年代の人からケ・セラ・セラなるようになると言われても「はぁ?」としか言いようがありませんでした。

年齢というものは社会科学では重要なファクターであり、私が小学生の頃の総理大臣と言えば佐藤栄作氏や田中角栄氏でしたがテレビでしか見ない御仁の姿を(どえリゃーでらかっちょいいいおっさんだわ)と思ったものでした。
小学生から見た政治家などは仰ぎ見る存在とはちょっとニュアンスが違いますが立身出世を目指す男の子にとっては(いつかはクラウンではなく到達してみたいおっさん)だったのです。
巨人・大鵬・卵焼きの時代より少し後の北の湖・輪島・アントニオ猪木の年代です。
余談ながら人気漫画(ちびまる子ちゃん)の著者・さくらももこさんは1965年のお生まれだそうで私と一緒の年齢だそうです。
あるエピソードの中で市長(静岡県清水市?)が運動会にやってきて緊張する場面が出てきますがこれは見事に時代の空気を伝えています。
もも子のおじいちゃんでさえ握手されて緊張しているところなどは高度成長期の地方都市の自治を垣間見るようです。

それに対して平成不況の現在の年配者は社会に対して何かモノ申しておられるのかと冒頭、憤慨いたしました。
もう少し尖がれないのかと。
50年代、60年代の全共闘世代に対しても私たちの昭和40年男子は冷ややかな目で見ていました。
(あれは本気ではない、所詮は甘えだ)と。
ばんばんの「いちご白書をもういちど」を聴くまでもなく学生運動で暴れても就職シーズンになれば無精ひげを剃って短髪にするなどを(転向)したと言ってましたがそんなものではなく(予定の行動)つまりモラトリアムに浸っていただけのことだと批判しました。
それなら活動家になったらいいのかと言えばそれは疑問でしたが。
若い男が就職もせずアパートで爆弾をつくっているというのも如何なものかと。

森友学園問題で荒れている国会ですが国民の目がそちらに注視されている間に組織犯罪処罰法改正案が提出されましたが籠池理事長の昼食は何が出たとか言ってるよりも大切なことを審議してもらいたいですし、ご年配の方々にはこのような時こそ経験を活かして声をあげてもらいたいものです。
「なるようになる」なんて聞きたくもありません。




ふるさと納税はふるさと衰退
現職の頃から(ふるさと納税)については懐疑的な観方をしていました。
そんなに地方を活性化するのに効果があるのだろうかと。
地方議会の現場で(滋賀県議会だけとは限らず)議員が「わが街のふるさと納税額を向上させるための方策を当局に問う」などと質問しているのを聞くにつれうんざりしていたことは確かです。
それを首長がさもありなん風に「○○議員のおっしやることは尤もです、返礼品の更なる魅力アップと国に対しても予算獲得に励んでいきます」などの答弁を聞くと(大丈夫か?)と思ったりもします。
明言しますが(ふるさと納税)は地方創生の名を借りたバラマキにすぎません。
税が入るのに何がバラマキなのかと関係者は憤慨するかもしれませんが。

まず(ふるさと納税)は自分のふるさとだけではなく全国どこへでも納税できる、その結果、特産品という名の(別にその自治体でつくったものとは限らない)返礼品を受け取ることができた上に寄付控除をうけられるものというところが眉唾なのです。
雑誌にも「゛ふるさと納税゛でこんなに得する」なんて特集が組まれるほどここ数年は加熱してきました。
自治体によっては専門サイトを立ち上げ、カタログまで用意するぐらいの熱の入れようです。
ケースとして1万円納税したとして8千円の控除(所得税+個人住民税から)が受けられ5千円相当の返礼品を貰えれば3千円得したとなるのです。
しかしそれは懸命に努力している特産品生産業者の汗をないがしろにしている行為となります。
特産品市場の価値が下落し、中長期的に市場が下降線を辿ることに繋がり、もはや税制優遇という特別措置がつかなければ見向きもされなくなる、これは生産者の営業努力を蝕むことになりかねません。
自治体によってもいつまでこの税収が安定的に続くのかが読めないので予算計画として上げられないことも容易に想像がつきます。
さらに(まぼろしの税収)を追いかけ維持するための追加予算を計上して更なる歳出が増え、一時的に潤った納税で施策したもの(医療費免除や子育て補助等)は数年で打ち切らざるを得なくなる可能性が高まる、しかも財政赤字とともに。

一番の問題は税の公正さに欠ける点です。
返礼品で受け取る納税金額の差額は国税補てんです。
一般に住民税とは本来、その地域に住み受けられるサービス(上下水道、電気、ガス、ごみ収集)などに支払われているのに全国どこにでも納税して控除を受けられるというシステム自体が著しく(受益者負担)の概念から逸脱しています。
つまり制度を利用したり、自治体に商品を納める業者などの関係する人たちは潤いますがそれ以外の方は制度維持の為の負担を強いられている極めて不公平な制度と言えましょう。
自治体はいつからデパートの通販部門に成り下がってしまったのでしょうか。
今は(勝ち組)といっている自治体も数年後は大穴があくのは見えています。
ブランド牛一頭分を進呈とか○○のコートだとか・・商品は税で釣るモノではないと思うのは私だけでしょうか。
生産者の真摯な努力と熱意を削ぎ、税金の公正な流れを歪める(ふるさと納税)はいらない制度です。

さすがに総務省の方もまずいと感じているのか3月23日の読売新聞に「ふるさと納税返礼3割まで・競争抑制総務省通知へ」と記事が出ました。



書きたくないこと
森友学園のネタや地名のことなどは本当は書きたくないことでした。
森友は論点がどんどんズレていっているし、地名の話はどうしてもナショナリズム関係に抵触するからです。
大袈裟と言われても地名が付くということは(ある意図)、多くは政治的な思惑が働いてのことですから地名を語ると政治がついてくるのは避けられないのです。
ですからこれだけ前置きしても読む人によってはかなり捉え方が極端になるのは覚悟の上です。
私は別にリベラルを気取ったことは一度もありませんし、極右思想の持ち主であるとの自覚もありません。
ごく普通の日本人でありたいと願っています。

それで今日取り上げるテーマは『中国人は京都の名称を嫌っている』です。(あぶない!)
これは私が今冬、中国から来た京都に定住している方々としゃべっている時に言葉の端々から感じたものです。
それよりも前提としてこの「中国」という固有名詞について私たち日本人が一般的にかの国のことをなぜそう呼ぶのかを考えてみたいと思います。(ここもあぶない、我ながら地雷を踏んでいる感あります)

まず「中国」という言葉を世界的に使っているのは当の中国人と日本人のみということです。
当たり前ですが中国人が中華思想に則って勝手に「我々は世界の中心に位置する文化的最高峰」と言い張るのは本人たちの勝手ですが日本人がそれに付き合う必要はないのです。
向こうは日本人のことを東夷と言っているのですから。
自分たちのことは世界の中心、相手のことは東の文化が発達していない野蛮人と言う人のことを持ち上げる必要が私には理解できません。
かってのナチスドイツが自分たちの国を永劫に続く(千年帝国・第三帝国)と呼び、自らを(世界最優秀民族)と言いふらしていたのに日本人の方から近寄って行った過去を振り返るべきでしょう。
現在、世界では中国は単にチャイナと呼ばれています。
センターランドなどと呼んでいる国は一国もありません。
もともと中華思想とは中国の力が弱い時(時代)は素晴らしい中国文明が(国境的に)世界地図から縮小し、力を取り戻したら世界中を覆う(征服)という危険思想なのです。
ですから経済的にGNP世界第2位という大国になった現在は習近平さん曰くアメリカと話をしてハワイから西太平洋は中国が管理するという談話が入ってくるのです。
そのことを知っている世界中の人は中国の中華思想を戒めるためにも(中国)という表記をかの国に与えません。
日本でも古来から唐土(もろこし)とか志那(しな)と呼んでいました。
それでいいのですが戦後、中華人民共和国が成立してから日本では中国というプロパガンダに乗せられているのは嘆かわしことです。
今からでもシナと統一名称にすべきでしょう。

前置きが大変長くなりましたがそのシナ人が前から忌々しく思っているのが(京都)であり本音は「なぜ倭の奴らの街が都なのだ」につきます。
シナには北京・南京と京の文字がついた都市がありますが両方とも首都だった(首都である)歴史があります。
彼らからすれば世界首都であり唯一にして絶対の世界の中心であるはずなのに東の辺境に京?しかも都とつけて京都!ありえないという感覚があることを先日のインタビューで沈さん(仮名)が語ってくれました。
中華の力が伸びて日本が自治区(倭自治区と呼ぶそうです)になったら東京があるから最低でも西京に格下げよと言っていました。
そうですか、では世界では東西南北に京があるのですねと皮肉を言ったら、現在の北京が大京になると頭がこんがらがることを聞いてしまい、そのまま頭痛が続きました。

こんなことを言うと誰かが「でも韓国にはソウル(京城)があるではないか」と突っ込んできそうですがあれは日本統治下時代に設置された(京城府)であって現在の韓国内では全否定されている名称です。
2005年、当時ソウル市長だった李明博氏がソウルを(首爾)と改め京城表記を撤廃しています。

最後に付け加えますとチャイナとかシナは決して蔑称ではありませんから堂々と使って頂いて結構です。
でもこんなことを書くと今までのお友だちが去り、右から別の人たちが来そうなのでSNSでは乗せたくなかったなと本音がポロリ。







故郷の地名から考える
私は滋賀県高島市今津町という街に住んでいます。
もう50年ぐらいになります。
本籍は隣のマキノ町です。
ここは祖父や父の出生地です。

今津という地名について考えていたら要は今の津ですから、(新しい港)という意味なのでしからば(古い港)はどこかなと探したらあったのです。
汽船全盛の時代に琵琶湖上交通の要となった今津港から南に歩いてほんの5キロも行かない場所が(木津)と呼ばれています。
現在では新旭町木津となっています。
木津の読み方については京阪神の人なら(キズ)と発音するでしょう。
木津川のイメージがあるからです。
地元では(コウツ)と呼ばれています。
木津をコウツと発音するのは日本語的にいささか力業だなと思っていたら(古津)と呼ばれた名残だそうです。
すなわち新しい港(今津)より先に港として栄えていた場所だったということがわかります。
ですがここで少し考えてみて実際に自分たちの住処を(古い港)などと命名するでしょうか。
これはあくまで(今津)と対比して(古くから栄えた港)の意味で一時的に(古い港)と呼んだだけでしょう。
それが証拠に朽木から安曇川経由で下りてきた木材の集積地だったことから(木津)という新しい名前をつけて港の名残を後世に示したと考えられます。
この場所が(古津)の前には何と呼ばれていたかは私は郷土史家ではないのでこれ以上は考えませんが興味のある方は調べられても面白いと思います。
ちなみに今津港と木津を西に三角形に結んだ場所が高島市合併後に係争地となった条例上は高島市役所建設予定地となっている場所ですがこれも朽木の市場で売り買いされた牛をここまで歩かせて処分(つまり屠殺した)屠場でした。
昭和初期まではあったと聞いています。
朽木には市場と言う地名が残っていますがこれは青果市場や米市場ではなく西江州一帯の牛相場を仕切る食肉市場だった名残です。(あと木材市場と)
現在、高島市役所建設を巡り南北争議が続いていますが近江牛たちの呪いなのかもしれません。

今津と言う地名をネットで検索してみれば(近江今津)と出てきます。
言わずとも近江つまり滋賀県の今津という但し書き付きです。
すると本元の今津はと調べれば兵庫県西宮の今津が堂々と(今津)と全国的には認知されているようです。
ここは阪神本線と阪急今津線の始発・今津駅がありますが、JRである近江今津駅を押しのけて(今津駅)となっています。
決して(播州今津駅)とか(摂津今津駅)ではなく単独で(今津駅)なのです。
私たち近江今津の人間が隣の木津と名前争いをしている間にまんまと本家を名乗られました。
こちらは分家扱いです。
それが証拠に大阪駅で「今津まで切符ください」と言うと職員さんが「それは阪急です」と答えます。
しかたなく「近江今津です」というと「ああ・・」とか言われるので(ああ・じゃないだろ)と思ってしまいます。
私の今津人としてのナショナリズムが傷ついたりします。

だいたい(近江)という名称もおかしいと思います。
(江)はもともとゴウ、数年前にNHK大河で浅井三姉妹の数奇な運命を辿った(江)を放映していましたが意味は(海)です。
(近い海)・・・どこに海があるのか?となります。
訳知りさんは「それは琵琶湖のことに決まっているじゃないか、馬鹿だな」と言いますが馬鹿だけ余計です。
和歌などを調べましたが誰も琵琶湖のことを(海)と表現していません。
浜とか内湖という記述はありますがいわゆる(大海)の意味で使われた形跡は無かったのです。
ましてや(近江)という表現は山城(京都)や越前(福井)のように国号なので(江)という表現はまさに国単位の考え方となり湖沼などは当てはまらないのに勇壮な(江)を付け(近江)というのは昔の都人は遊びに行く水辺が琵琶湖だったのか、もう少し足を延ばせばそれこそ日本海・越前とかそれこそ播州明石とかいくらでも海に行けるのになぜ(近い海)が滋賀県なのかと疑問が残ります。
更に(遠い海)は遠江(トオトウミ)ですがなぜ遠州つまり静岡県大井川以西なのか?
そこまで行かなくとも紀州(和歌山)でも十分遠くの海で良かったのではないのか?
なぜ地味な静岡の海なのか、何を考えているのだろう古今和歌集の選者は?と暇を持て余すとロクなことを考えません。
暇なのでこれから散髪にでも行ってきます。(本日休暇)






森友学園のバカらしい闇
ブログで森友ネタだけは書かないでおこうと思っていました。
理由はバカらしいからです。
まず、大事件感が全くない。
これは凄い、政治の暗部だ、解明と追及さらに検証が必要だと思わせる社会科学的情熱が持てない事件だからです。

過去に昭和から平成にかけて日本を震撼させた大型疑惑と比べても雑魚(ザコ)感丸見えです。
GHQを巻き込み占領下日本の統治の暗部を見せつけた(昭和電工事件)、吉田内閣が吹っ飛んだ(造船疑惑)、今太閤と人気絶頂の田中角栄首相(当時)を辞任、逮捕せしめた(ロッキード事件)、藤波孝生官房長官が議員辞職、起訴、中曽根前首相、竹下登首相、宮澤喜一副総理(蔵相)、安部晋太郎自民党幹事長、渡辺美智雄政調会長(いづれも当時)が国会で追及を受けた(リクルート事件)、などと比較しても小物感がありありと伝わってきます。
籠池理事長?夫婦で何でしょうか、あのはしゃぎぶりは・・・。
小佐野賢治氏の大物感や江副会長の不気味さの片鱗も感じられないどこにでもいるうさん臭いおっさんにしか見えません。

身内暗殺と核実験で暴走する北朝鮮、大統領が弾劾され政治的空白が生じている韓国、蠢くロシアと消える魔球の星 飛雄馬の如く球筋が見えないトランプ外交など現在、内閣として対応しなければならない外交課題だけでも山積しているのに森友言ってていいのだろうかと心ある日本人なら思っていることだと感じています。

発端の稲田防衛相の初動が良くなかったです。
別に過去に交流があったならあったとはっきり言えばいいのに結果的には国会での偽証とされてしまったのが全く痛いですね。
そのようなことで政治キャリアに傷がつかないのに総理に飛び火してしまったのが閣僚としては致命傷になりました。
稲田氏はこれまで党政調会長、防衛相として他の政治家から見て垂涎のポストに起用されてきただけあって残念です。
もっと言えば日本国最初の女性首相に最も近かったのにと。
はっきり言ってこれで打ち止めとなるでしょう。
政治家の言動はいつも激しくチエックされています。
旧聞ながら滋賀県・湖国政界でも昭和後半から平成にかけて期待されてきた大物政治家・山下元利氏は竹下登氏や金丸 信氏の画策した田中派分裂、創世会立ち上げの時に二階堂 進九州男児と供に旧派に残留した為に政治的に干されました。
張り合っていた宇野 宗佑氏がその後総理になるのですから政治の世界は一寸先が闇か光かわかりません。
そこへ武村 正義代議士(元滋賀県知事)が急きょ(さきがけ)を立ち上げ、滋賀県政界はさらに激動の時代を迎えますがこの立ち上げの時に滋賀県議会で起こった何とも言えない人間模様は字数の関係でまたの書き込みにします。

思うに安部総理も稲田大臣も完全無欠になろうと意識しすぎのきらいがあります。
森友や籠池氏と仕事で(法廷関係として)関係が多少あったとしても完全否定するとかえって火傷(ではすまないが)をします。
100万円を夫人が寄付したとして何の法規に触れるのでしょう。
講演を依頼されて快く引き受け、謝礼があまりに相場から見て多額だから受け取れないので「学園の子どもたちのためにお使いください」と寄付の名目で辞退することは大人の世界ではよくあることです。

籠池氏の国会証人喚問に際して委員会が気をつけねばならないことは本筋を外さない質問です。
・なぜ大阪府・国・関空エアポートのそれぞれ3か所に7億円・23億円・15億円と異なる契約書を提示したのか。
・近畿財務局からごみ処理料として8億円もの金額が国有地払下げから値引きされたのはなぜか、そもそも建設後にどのようにして地中のごみを撤去すると考えたのか。(これは国にも聞くべき観点)
・大阪府は森友の認可基準緩和にどう動いたのか、府私立学園審議会が不可を出していたのに。(松井知事にも聞いてみたい)
以上でいいと思います。

余談ながら先日、ある国会議員としやべっていれば総理もかなりピリピリしていて周囲では(やぶれかぶれ解散)があるのではと警戒しているとのことでした。
それはさすがにないでしょうと答えていましたがこのタイミングで解散すれば政権としては維持できても返り血は全国で20~30の議席減として浴びます。
自民党として与党残留は間違いないでしょうが政権は責任問題として党内で追及されますからI氏やK氏が内心は喜ぶでしょう。
いづれにせよ今秋までに解散しておかないと来年になると消費税問題がクローズアップしてきて(野垂れ死に解散)に追い込まれるのは誰の目にも明らかですがこのタイミングはありえないことです。
政治の世界は光りか闇しかないと言い切るのは我ながら情けないことです。








スマートフォンで一つ困ったこと
永年のガラケー携帯のユーザーであった私が一大決心をしてスマートフォン(以下スマホと略)に買い替えたのが今年の2月のことです。
それまでは(携帯は所詮は電話、話せればいい)と割り切っていたのですが仕事上現場対応でグーグルマップの使用やlineを使っての業務報告をリアルタイムに行わねばならない必要性からスマホに乗り換えたのです。
なじみのauショップに出向き、「あのースマホに機種変更したいんですけど・・」とショップのスタッフにおずおずと申し出たら「どのような用途でお使いでしょうか?」と質問されて咄嗟に「外に出ることが多いのでバッテリーが長持ちするのがいいです」と言いました。
するとスタッフ(女性)は「それならSONYのXPeriaは如何でしょう、この携帯を選べばほぼほぼ大丈夫と言われるほど信頼性の高い機体ですよ」と勧められ、営業トークに昔から弱い私は「それでいいです」と購入。

さてスマホを持ってみたものの、折りたたみ式のガラケーに馴染んでいた私が一番ひやひやしたのは(勝手に電話がかかる)ことでした。
電話が勝手にかかるわけがないのですがスマホど素人の私の操作が未熟なのでタッチパネルをいじっているといつの間にか通話をこちらから意図しない方に接続してしまうわけです。
慌てて電源を切ったりしますがそれでも(接続中です)とテロップが流れて案の定、「何ですか?」と相手が応答してくれるわけです。
運よく途中で切れたりしても最近は着信履歴がちゃっかり残って相手から電話がかかってきたりするのでその着信を取ろうか、取るまいかと5秒ほど悩むのです。

「や!久しぶり、元気してた?声が聞きたくなってね」などと軽く対応できる相手だと取るのですが携帯の連絡先メモリーに(もう一生電話しないだろう)と思っていても何となく消去できず残っている人っているじゃないですか。
つまりノリで電話番号交換した人。
そんな人生の隘路で一瞬知り合ったがその後は別々の道を歩んでいる人にこちらから電話してしまい、しかも返信があった時って取るの困りませんか?
そんな時は(バカ・バカ・スマホ、勝手に電話するんじゃねえよ、俺は知らんからな、お前が責任とれよ)とXPeria君を罵ってシカトするのが私の対応です。



京都・市バスの掟
今日は京都に行きました。
朝のJR湖西線に乗り、強い風にまたしても運行が妨害されるのかとひやひやしながら車窓より左を見れば琵琶湖の水面をキラキラと春の優しい日差しがこちらを覗き、他方、右を見れば昨晩からの比良八荒で山々に白いものが被っておりさながらに雪化粧。
冬と春の微妙な関係が垣間見える3月の湖西路です。

京都駅に着いて正面口にある市バス乗り場へ。
嵐山・大覚寺方面行28系統・市バスに乗り込みました。
終点の大覚寺まで約55分で大人230円です。
四条烏丸や四条大宮を経由していきます。

本日はド平日なのにさすがは京都で多くの観光客の姿が見えました。
バスも混み込みで私は比較的バス待ち行列の前に並んでいたので前の方の横並び椅子に座ることができました。
私の左隣はまだ若い女性、観光マップを熱心に見てチエックを入れているところから観光客でしょう。
右はどうも地元のおばさん、年のころは60代ぐらいか。

バスが5っ目か6っ目の停留所に停まった時、バス中央の乗降口から小柄で白髪の70代後半から80代の女性が乗ってきました。
それを見て私の右隣の女性は弾かれた様に立って「どうぞ」と席を譲りました。
白髪の女性は軽く会釈するとここからが私の想定外だったのですが私の左隣の若い女性の方をポンポンと叩き、「そこは優先席よ、譲りなさい」とおっしやるではないですか。
若い女性もパッと立ち上がり、白髪の女性は席を譲ってくれた60代女性に「あなたもどうぞ」と勧めたわけです。
これだけなら私も(京都の女性は強いな)ぐらいの感想を持っただけなのかもしれません。

嵐山からの帰り、再び同じバスに乗り、今度は京都駅に向かいました。
行きと違ってまだ昼過ぎなのでバスは空いていました。
空席もちらほらとありました。
京都外大前から4人の若い女性、今度はどう見ても観光客のようでしたがそれぞれが旅行かばん・ケースを下げて優先席に座るや賑やかにおしやべりが始まりました。
言葉を聞いていると中国人だとわかりました。

そこへバス後方から女性の声が飛んできました。
「その席は優先席よ!お年を召した人やお腹の大きい人の為の席やからあんたら遠慮しといて!」
またしても!
中国人の女性はお互いに不思議そうに顔を見合わせて「ワタシタチ コトバ アマリ ワカリマセン」。
すると後方から「おたくら京都の人と違うわね」(当たり前やん)
中国人は「ユウセンセキ マンインジャナイカラ イイデショ」(立派に言葉わかってるやん)

この市バスでの行きと帰りの出来事を通じて理解したことは京都の市バスの優先席にはご老人と妊婦さんや小さなお子様連れ又はお怪我を召した方以外が座ったら市民レベルの容赦ない叱責が待っているということでした。



都市のオアシス
2か月ばかり京阪神(主に京都)の都市部を歩き回っていたことはこのfbでも書きました。
都市部と言っても私が彷徨ったのは商店街やオフィス街のようないわゆる繁華街ではなく都市に労働力を提供し続けている住宅街です。
見渡す限りの住宅またはマンション・アパートの群像。
ゼンリンの住宅地図だけを頼りにひたすら戸別訪問を続ける日々。
車ではなく現場には原付バイクで移動して公園やアパートの駐車場に停めてから延々と付近を9時間ばかり歩き回るのが日常でした。
「一番辛かったことは?」と尋ねられたら「寒さです」と答えたでしょう。
京都伏見区の向島に行ったのが1月の後半でしたが高さ11階立ての市営住宅が見渡す限り延々と続く様はレゴのブロックを並べている光景さながらにエレベーターを使うものの部屋から部屋の通路は外部とむき出しで「横歩きマンション」ですから北風がビュンビン吹いてきて体温を奪います、冷凍庫に入ったマグロの気分です。
(ああ・・暖が、暖が欲しい)と希求し、一瞬脳裏に昔観た石原裕次郎主演の黒部ダム建設の映画(黒部の太陽)や亡くなった高倉健さん主演の「海峡」または「八甲田山」などが浮かびました。(健さんは「駅」でもそうですが北が似合う人でした。その点、若大将はハワイがピッタリの人です、どうでもいいことですが)

困ったことは下世話なことですが(トイレ)です。
ともかく気温が日中3℃ですからもよおします。
それでも近くにガソリンスタンドや食堂、ドラッグストアなどありません。
公園があっても共同が無しときます。

しかし、しかし・・コンビニ様はあります。
こんな都会のアスファルトジャングルにも・・ありがてえ!
食堂も近くにない状態ですからコンビニ弁当を買って、店員さんの「温めますか?」のご質問に「もちろん!」と答えフードコーナーに持って行ってパクつくと(生き返った!)と歓喜の涙が流れます。
コンビニ様はそれ以外にもお金の引き出し、必要品の供給、荷物の受け取り、公共料金の支払い、もちろんトイレ!!など生活インフラのすべてが街のほっとステーションの如く集結したとにかくありがたい生活拠点と表現しても過言ではない施設です。
コンビニ様が無ければ私の調査は続行ができませんでした。

100円のホットコーヒーを飲みながら外を見るとみぞれ交じりの氷雨が降ってます。
(外に出たくない、この暖かさを離したくない)との思いを断ち切り、男たちは再び任地に向かうのでありました。(ジャンジャン!)





体重激減
京阪神を中心とした社会情勢調査が本日終了しました。
約2か月半でしたがかなり苦しい思いをしました。
仕事に就く前が体重73㎏、今日体重計に乗ったら64㎏でした。
何と9㎏減、ライザップもびっくりです。
久しぶりにあった知人に「痩せたね、最初わからんかった」と言われたりもしました。
選挙よりも痩せます。
食わない、寝ない、歩き回る、ストレス溜まるの生活は・・・。

今日は書店に寄って自分へのご褒美に村上春樹の新刊「騎士団長殺し」を買い求めました。
春の宵に自宅でゆっくりビールをちびちびとしながら読書と洒落こみましょう。
福祉の現場
今年に入ってそう、正確には1月6日から仕事に出ていました。
今日は休みなので久しぶりに高島の自宅でゆっくりとブログなどを打っています。
仕事のはっきりとした内容は書きませんが議員時代に培った個別訪問能力を活かせる仕事です。

各ご家庭を1日に300軒ばかり訪問しますが正直に言えば「人生いろいろ、暮らし向きもそれぞれ」と感じてしまいます。
その中で多くの(生保の家庭)も訪問しました。
生保と言っても生命保険ではなく(生活保護受給者)のご家庭です。

生活保護制度ができたのが戦後5年ばかりたった1950年(昭和25年)ですが(社会の最後のセフテーネット)として基本的に勤労世代の受給はできず、65才以上で年金も受け取れず、もちろん働けない高齢者しか認定されていませんでした。
それでも全国的受給者がだいたい100万人から130万人ぐらいで推移していてバブル経済の頃は100万人を切り70万人ぐらいにまで落ち着いていたようです。

受給者が急増したのが2009年3月以降、いわゆる厚生労働省の一通の通知「職や住まいを失った方々への支援の徹底について」が各都道府県・政令指定都市・中核市の民生主管部(局)長宛に出されてからです。
その中で「単に稼働能力があることをもって保護の要件をかくものではない」という一文から一気に受給要件が緩和されました。

それまでは窓口に生活保護を申請しても(あなたは働ける)と言われ撥ねられるケースが激減して全国的に受給者(それも労働世代)が急増し、昨年2016年7月の統計では214.5万人(163.5万世帯)にのぼっています。
生活保護費は全体で3・3兆円にものぼっており、これは国の一般税収40兆円の1割に値する看過できない数字となっています。
これについては世論的にも「本当は働こうとすれば働ける人にも受給されているのではないか」という不公平感からくる批判が常に付きまといます。
なにしろ国民年金受給よりも金額的に多いのだからこのような意見が出るのはしかたがないところです。

厚労省がこの通知を出した2009年の前年にはリーマンショックが起こり、銀行や生命保険会社、証券など金融インフラを支える大企業でさえ潰れるような状況であり、東京日比谷公園(厚労省の前)には職と住宅を失った人々が(テント村)をつくり、ホームレス状態が連日マスコミに報道され(年越しテント村)などと言われて大問題になっていました。
もしここで餓死者・凍死者がでれば批判は厚労省のみならず政府そのものに向かうことになります。
それが前述の厚労省通知となったわけです。

私が先日訪問した市営団地にお住いの生活保護受給者Sさん(男性・55才)とお話しさせていただきました。
Sさんは3年前に山科で営んでいた居酒屋を廃業、借金が多額に残り、奥さんと離婚、子どもも3人いるがそれぞれがバラバラと自嘲気味に語ってくれました。
私が訪問したときはまだ午後の3時ぐらいでしたが缶酎ハイを飲んでおられました。
「そりゃ生活を立て直したいですよ、また働きたい、でも気力が湧かないんですわ」

私も生活保護制度を巡って様々な議論があることぐらいは理解できますが現状ではイエスともノーとも言えません。
不正受給や福祉を食い物にする貧困ビジネスと言われる闇世界との関連などを考えると如何なものかと思えますが一刀両断に解を求められることではないからです。
少なくとも私が会った人々から現状で制度を引き剝がせばそれこそ(路頭に迷う)ことになりかねないからです。
この訪問を始めてから約2か月がたちましたが当時73kgあった体重が7kg落ちて今では66kgとなりました。
激ヤセです。
それだけ気力を振り絞った対応をしていたと我ながら思うものの(福祉の現場)は大変です。

卒業式
今日から3月。
県立高校では卒業式が挙行され、長男がお世話になっているので列席させていただきました。
無事に卒業してくれて親としては一安心というところです。
明日からは天候も崩れると予報にありましたが本日は快晴でその点でもありがたかったです。

あの頃は
昨日、2月14日はいわゆるバレンタインデーでした。
私は仕事で終日、京都市内にいましたが街の雰囲気はいつもと変わらずといった様子です。
恋人たちが街を散策しているとか、若者が練り歩いているといった風でもなく、閑散とは言いませんがいつもの一日の風情です。

私が20代の頃、ちょうどバブル経済の真っ最中でバレンタインともなるとレストラン、ホテルは満員御礼で浮かれ気分でロックンロールの世界でしたが今の若者は本当に現実的でシビアだと感じた一日でした。
それがいいのか、悪いのかは判断ができませんが。
その頃のバブル組だった20代、30代も今では50才、60才です。
皆さん、あの頃をどう捉えているのでしょうね。
真冬の熱い戦い
昨年が記録的な暖冬だったのですっかり油断していましたが今年は滋賀県北西部高島市でもわんさか雪が降り、行事は中止、学校は休校、道路は一部遮断、交通機関もバスなどは不通路線が出たり、湖西線も遅れが目立ちます。
これでは2月の節分までどれほど降ってくるのかとひやひやしています。

そんな中で高島市市長選挙、市議選挙のW選挙が告示から5日目を迎えました。
各陣営必死の舌戦を繰り広げています。
私も今日の夕方にはある選挙事務所にお邪魔して集っていた方々とお話をさせていただきました。
やはり中身の濃い内容のお話ができます。
地域の問題点もあからさまになり、今後のまちづくりの参考になるご意見が飛び交っていました。
つくづく対話が大切と感じた今日一日でした。

街は大騒ぎ
滋賀県北西部の高島市は朝から大雪で大変です。
積雪の為に大型トラックが転倒、新旭から今津の交通が遮断されました。
バイパスが通行止めとなり大渋滞が発生しています。
企画されていたイベントが次々と中止され、それ以上に昨日から告示された市長選挙・市議選挙にも影響が出ているようです。
この大雪の中、選挙カーに乗って街宣している候補者本人や選挙運動チームの方々のご苦労には心中お察しするものがあります。
つくづくと自然の力の前には人はなすすべもないのだなあと考えてしまう今朝でした。
平成を生きてきて
今朝の読売新聞の一面を観て驚いたのは今上天皇があと2年後の2019年にご退位あそばされ、皇太子さまが即位され新しい年号に代わることが発表されたことです。
もともと天皇陛下が一昨年ごろからご退位のご意向をお示しめになられており、政府内や国民の間でも様々な議論が進んでいたところでしたので(とうとう決まりましたか)という気持ちです。

そうなりますと平成も30年というひとつの区切りで次の御代に移行するわけですが陛下のご健康上のこともありますから寂しいですがいたしかたないと思います。
紙面を観て(平成もあと2年残っているものの、どんな時代だったかな)と考えていました。
私は昭和40年生まれで昭和という時代を23年間生きてから平成ですから自身の半生を考えますと平成の生きざまの方が長かったわけになります。

私が子どもの頃、明治の産まれの方が「ワシは明治・大正・昭和と3時代を生きてきたんじゃ、すごいだろ」と自慢されていましたがとうとう私も3っの時代を生きる切符が手に入ったとミーハーとは思いますが喜んでもいます。
小学生の時の国語の教科書に日本植物学の祖と言われた牧野富太郎教授の伝記があり、「牧野博士は明治に生まれ、大正、昭和と3時代にわたり活躍しました」と書いてあり、子ども心に(すげー)と思っていました。
長生きはするものです。
このご発表を期に皇室の益々のご発展を心より念じておる次第です。

初春粉骨砕身
やっちゃいました。
事故りました、単独です。
とある駐車場で原付バイクに乗って遊んでいたのですが何を考えていたのか、スタンドを下したままエンジンをかけて車体を押して発信、当然ロケットダッシュになって体が前方に吹っ飛び、アスファルトの地面に叩きつけられました。
何メートル飛んだかはわかりませんが動画にしてユーチューブで配信したらかなり笑える映像になったはずです。
けれど事故の瞬間は悶絶ものの痛みで右肩から落ちたらしくしばらくは立ち上がれませんでした。
10代のやんちゃな子がやるのならともかく50のおっさんの所業とは思えないです、我ながら。

それでその日は家に帰りましたが夜になるとどうも肩からがズキズキ痛み、お風呂に入ろうと服を脱ごうとしても腕が上がらない状態だったので(打ち身にしては痛すぎるな)と思っていました。
風呂の脱衣所にある鏡で見ると右肩を中心に青ジンが広がっていました。
妻が「病院に行きなさいよ」というので翌日は日曜日でしたが地元の高島市民病院に電話をして緊急枠で診ていただきました。
レントゲンを撮ると医師から「折れてますね」の一言。
画像を見せてもらうと右肩の鎖骨が真ん中から見事にポキリとグリコポッキーです。
ギプスを巻いてもらい2日後にもう一度来てくださいとおっしゃるのでその日は痛み止めのお薬を出してもらい帰りました。

新春から運勢最悪やんと考えていたら思い当たるものがありました。
元旦に初もうでに行こうと母や妻、娘、息子が言うところを「ワシは行かん!君たちだけで行きたまえ」と居残って家でお雑煮を食べながらテレビの新春番組を観ていました。
初もうでに行かなかったからバチが当たったのかな、神に対する不敬が災いを呼んだのだと反省して地元・今津の住吉神社に初詣に行ったのが今日です。
1月10日の初詣。
神社には誰もいませんでした。
(神様すいませんです、これからは元旦には詣でますからゆるしてちょ)と一心不乱に祈りました。

高島市民病院に行って再びレントゲンを撮ってもらうと2日前より骨が引っ付いてきているので手術はせずこのままギプスを装着して治しましょうということになりました。
ギプスが取れるのは6週間後、約1か月半ばかりかかりますがその方が私も助かるのでありがたかったです。
今回も高島市民病院にお世話になってしまいましたが医師の皆様や事務、スタッフの皆様が本当に親切にしていただけるので感謝しています。








誕生日の次の日に思うこと
改めまして新年おめでとうございます。
昨日はケーキも花束もない誕生日でしたが私にとって一番の贈り物は皆さんのお言葉でした。
これも改めてありがとうございましたと申し上げます。

さて誕生日の翌日、またお正月から縁起でもないことを書き込みますが、「門松は冥土の旅の一里塚」という和歌があります。
お正月は華やかだがみんな年をひとつづつとってそれだけあの世に近づいているんだよという意味です。
この歌、下の句は「めでたくもありめでたくもなし」と続く一休禅師の作です。

私事でまた気恥ずかしいのですが私の子どもの頃、この「死」というものに異常にビビっていてとにかく死ぬのが怖くて怖くてたまらない、死ぬことを考えたら生きる意味を失うぐらいに忌み嫌っていました。
夜中にトイレに1人で行けない、行けばトイレの花子さんが待っていて地獄に引きずり込まれるのではないか、朝までがんばろうという少年でした。
もう究極は「死にたくない、死にたくない、死んでも命がありますように」と近所のお稲荷さんに願掛けに日参していたほどです。
小学校の卒業文集に「将来の夢は?」で「不死身」・・バカです。

私の学校の大先輩で俳優の故・丹波哲郎氏が晩年、霊界研究者を名乗り「死後の世界はある」と声高らかにおっしゃっていたのでお話を聞いたことがあったのですが子どもの頃はTVドラマ(Gメン75)などで颯爽とした演技を見せていた丹波さんがなんで死後の世界を語るようになったんですかと訊いてみれば「子どもの頃から死ぬのが怖かったから」とおっしゃって(私と同じだ)と思ったことがありました。
このことを京都産業大学に行っていた友人に話したら「いいな、俺らの先輩は゛あのねのね゛なんだぜ」というので(どうでもいいやん)と思っていました。

脱線しましたがだからと言って私は死後の世界というものをどうしても信じることはできなくて死んだらただ無に帰すのみと思っていました。
いつだったか仕事帰りに車を運転中、眠くて眠くてたまらなくなり、このままでは交通事故を起こすと思い、急遽路肩に車を止めてシートを倒して寝たことがありました。
30分ほどしてぱっと起きたのですが一瞬、あ、生きてた!と感じたのを憶えています。
あの何も考えることなく眠っていた時間が私にとっては死のイメージかなと。
あれがおそらく永遠・永劫に続くのでしょう。

50才を過ぎてさすがに子どもの頃のように「死」に対して構えることはなくなりました。
これまでに「死んだ方がマシだ」という経験が何度もあり、「生きていてよかった」と思うことが数度ありで死に対して不感症とまではいかなくても特別なものと思わなくはなりました。
死は生の向こう側にあるものではなく表裏一体、(今そこにあるもの)に過ぎなくなったからです。
それよりも限られた「生」そのものを楽しむことの方がより建設的と捉えています。
正月から辛気臭いお話をしてしまいました。
お礼
新年おめでとうございます。
私事ながら今日、1月3日で52才の誕生日を迎えました。
妻からは小声でぼそりと伏し目がちに「おめでと」と言われた以外はfbで皆さまからお祝いのメッセージを頂き感謝申し上げます。
ただ、わたくしのタイムラインが1年ほど前から故障状態でこちらから発信ができない状態なのでお礼の言葉が送れません。
私にとっては日頃お世話になっている皆様にご挨拶をさせて頂きたい気持ちは山々なれど状況をご賢察の上、ご理解を賜ればと思っています。

52才と言えば麻雀で例えると(ゴンニ)つまり5200点で子の20符(プ)4翻(スーファン)上がりとなります。
振り込めば大変痛いのですが満貫よりはマシかな程度です。(意味不明)
とって付けるようですが本年も皆様とご家族にとってご健康でご多幸に恵まれた年となることを祈念しています。

年の瀬床屋談義ー滋賀県編
いよいよと言うか、とうとうと感じるか、あれよあれよと申しますか大晦日になってしまいました。
所詮は365日のうちの1日と割り切れない何かが大晦日にはあります。
そのような特別な日に家事が全く不得手な(生ごみ父さん)としては行きつけの理容店、散髪屋さんに赴きサッパリしました。

私よりはるかに年上の店主に髪をカットしてもらっている時に「マスターでどれぐらい商売されています?」と聞いてみれば7代目で店としては創業100年を越えていると言われビックリ。
息子で8代目と言われそりゃそうだな、7の次は8だし、7.5代なんて言い方ないわなと思いました。
それよりも(髪結いに喰いっぱぐれなし)とは言ったもので息の長い商売ですなとしゃべっていました。

聞いてみると滋賀県内の理容店さんで100年を越えているところは34店あり、最長は東近江市五箇荘のお店だそうです。
創業は何と1700年代、江戸時代享保で徳川吉宗の御代ときました。
今まで何人の髪を切ってきたのか想像もつきません。

ですが不景気知らずと言われた理容業も近年は様変わりしてきて格安でカットしますなんて謳うチェーン店も地方にどんどん進出してきてお客を奪われがちで大変とおっしゃてはいました。
当然ながら理容組合には加盟しないので料金体系から営業日まであっちに引っ張られて(競争になって)これも大変と聞きました。

私も小泉内閣の時から「官から民へ」というスローガンも行き過ぎれば怖いな、反って民業圧迫につながらないかと警戒していたこともありました。
手に職がある方や特殊な資格・技能をお持ちの方はさっきの話ですが(喰いっぱぐれ)にはならないかもしれませんが世の中(私も含めて)すべての方がそうであるとは限りません。
実際には町の小売りや商売やさんも規制緩和や国際化、自由化の波に押されてどんどん廃業されていきました。
酒屋さんはコンビニに、薬屋さんはドラッグストアにと。
全国いたるところで商店街がシヤッター街となっていったのはご存知の通りです。

規制緩和がすべて悪いとは私も言えません、そう言うだけの確証もありません。
ですが世の中には仕組みや規制で食っている人も大勢いることは確かです。
すべてに自由化を叫べば究極は大手・大資本が勝つのは自明の理でもあります。
私たちは社会分解すれば1人1人が生活者であり、生産者で消費者なのですからその辺りのバランスはとった方が丸く収まると思えるのです。




分別盛り
今年、平成28年も押し詰まってきました。
今日、明日ともう残り2日です。

我が家も大掃除でどこにあったのかというぐらいゴミが出てしまいます。
それを大隊長(妻)から命令を受けてゴミ集積所に持っていくとご近所の主婦さんから「あら、石田さん、今日は燃えるゴミの日じゃなくてよ」と注意されて「すいません」と謝りました。
人間50才、世間では分別盛りと言われる年代ですが近所では(分別できない男)として通っています。

年賀状千本ノック
皆さんは年賀状をもう書きましたか、出しましたか?
私はまだです、悪戦苦闘しています。
例年ならインクジェット紙の年賀はがきを買ってきて裏面はプリンターで印刷、表書きの宛先はアプリで印刷と楽ちんでしたが今年はパソコンの不調で起動せず、手書きを余儀なくされているからです。

12月に入った段階で妻から今年は年賀状を手伝わないからあなたが1人で出してと言われ、ええ!と思ったものの毎日30通ばかり書いたら出来上がると日割り計算で皮算用していましたが、今日は観たいテレビがあるから、今日は忘年会だからと毎日を先送りしている間にノルマが溜まってきてニッチもサッチも行かなくなりここ数日は深夜まで泣く泣く書いています。
(深夜食堂)ならぬ(深夜書道)。

筆ペンで宛先を書いていると眠くて目がショボショボ(´・ω・`)してきて、手首が痺れてきます。
苦しくて「もう書けましぇん・・手が痛くて腱鞘炎ですぅ」と泣き言を言うと「さぼっていた自分が悪いんだろ、腕が折れるまで頑張れ!」と言われ(オレは侍ジャイアンツか!)と思ってしまいます。

書いているうちに(だいたい近頃の若い人は年賀状なんか出さずにメールで済ますらしいじゃんか、その方が楽だし、早い、虚礼廃止につながる、うんうん)とかの思いが脳裏をよぎり、年賀状を書くことを投げ出したくなります。
テレビのニュースを見ていると来年の6月からは郵便はがきの配達も採算が合わないので現行の52円から62円に値上げと聞くにつけ、(それみろ・・はがきの値段も上がるのを機に年賀状も来年から出さんぞ)と思ってしまいますが、よく聞くと普通はがきは10円上がるものの年賀状は黒字なのでお値段据え置き52円のママと言われ、(さすが元郵政省・・商売上手だ)と感心。
年賀状放棄の口実を与えません。

それに頑張っているのは郵便局員の皆さん。
この寒空に連日、外に出て業務に邁進されている姿を見るにつけ心からエールを送っています。
元旦の年賀状配達なんかは大変な業務だと想像しただけでわかります。
この日本中の各戸に年賀状を遺漏なく届けることの壮大なミッションインポスビル、いや持続可能なあくなき探求と不断の努力には頭が下がる思いです。
どうか年末年始、お疲れとお察ししますが交通事故だけにはお気をつけいただき日本の郵便事業の発展にご活躍ください。




クリスマスケーキに売れ残りはあるのか
今日はクリスマスイブです。
以前から思っているのはクリスマスよりイブの方が盛り上がるのです、日本では。(世界中も)
イブの終わった次の日(12月25日)に街を歩くともうひっそりとしたもので前夜のあの賑わいや高揚は何だったのでしょうかと祭りの後のような寂しさすら覚えます。

さて、これを言うと世のジェンダー論者から袋叩きに遭うので今まではためらっていたのですが女性の婚期をクリスマスケーキに例える話を昔はしていたことがあります。
(12月)24日前のケーキは売れるが25日になってしまったら(売れ残り)というあの話です。
女性も24歳までならほいほい行きてがあるものの25歳にともなれば賞味期限が切れてくるよというとんでもない(今から考えれば)話です。
クリスマスケーキに例えた俗話です。

それを言うなら私が妻と結婚した時には彼女は27歳でしたがすでにクリスマスケーキではなく正月用の餅だったと言えます。
(意味不明の例え)
正月三が日は床の間に鏡餅で飾っていましたが松の内を過ぎた頃にはひび割れてきたので慌てました。
(これは比喩です、あくまでも)

話を元に戻しますと現在では女性の結婚する年齢は30歳を越えてからなど世間にはザラにあり、時には40代もさほど珍しくもなくなる世相でそもそも(結婚しない)という選択も当然あるという昔から考えれば随分と結婚観の幅が広がったような気がします。
(結婚適齢期)という言葉自体がすでに死語となってしまっています。
これも月並みですが晩婚化も日本人の平均寿命が延び続け、男女ともに(特に女性に)経済力がつき、価値観の多様化が進んだからかなと思ったりしているクリスマスイブの今日です。
もっと言えばクリスマスには3種類の人々がいます。
恋人と過ごす人、家族と一緒の人、孤独を愛する人です。
サンタクロースは誰に微笑むのでしょう。

老けるは恥だが役に立つ
昨晩、東京に住む6才下の妹と電話でしゃべっていました。
兄弟の会話ですから実に他愛もない内容です。
親は元気かとか正月はどうするとかその程度のものです。

談話の最後の方で妹が、「でもお兄ちゃんももう初老なんだから無理せんといてや」と。
(しょ、初老ぉ!)
これには愕然としました。
初老・・老・・まさか老いてるなどと言われるとは・・。(ショック・拡大!)

私は昭和40年生まれで1月が誕生日ですから年を越せばもう52才になりますが気持ちは青年、体は中年と思っていました。
髪に少し白いものが出てきましたが老眼はあらわれていませんし、どこから考えても壮年だと思っていたのに・・とほほ・・初老。
ですが、先日もある識者からお話を聞いた時に「石田さん、自分の可能性を年齢で判断することは愚かなことですよ、なぜなら人は誰しも今日の自分が自分史上一番(若い)のですから、行動することにためらってはいけません」とおっしやって、(なるほど!)と思ったばかりでしたから。
それとともに「昨日がんばろうと言ってもムリ、昨日はもう過去、なら明日がんばろうならいいのかと言えばザンネン、明日が来たら今日になる、明日は永遠に明日でしかない、ではいつがんばるのか?今でしょ!」
(あんたは林先生か)と思いました。

そうは言っても人間も自分の外見つまり年齢による評価というのが気になるのが真情だと思います。
年を重ねれば経験や知識の(貯金)だけは持っておきたいと昨夜はつくづく考えました。


電灯今昔
まいど馬鹿馬鹿しいお話を。
平成生まれの人がもうすぐ30歳にもなろうとしているこの頃ですがいよいよ平成世代が社会の中核になってきたかなと思ったりする半面、最近では私たち昭和生まれの人間が昔を懐かしんだりすると「昭和テイスト」などと言われたりでちょっと心境が複雑です。
思えば私たちもひとつ前の年号世代を「大正ロマン」などと言ったりして懐古趣味として遠ざけていた感もあったりでいつの世も後から来たのに追い越される「後世畏るべし」は避けられない運命かなと嘆息することしきりです。

45才以上の人はおそらく憶えていらっしゃると思いますがLEDも普及してきた最近からはもう考えられないことに昔の蛍光灯はスイッチを入れてから点灯するまでにすごく時間がかかったものです。
部屋にかかった蛍光灯から伸びている紐などを引っ張っても点灯管がチカチカしだして30秒以上かかってやおらパッと電気がともるという風情でした。
なのにトイレなんかにつけられていた白熱灯などはすぐに点くというわけで蛍光灯や白熱電球の違いがわからない当時幼稚園児の私なんかは父に「なんでトイレの電気はすぐに点くの?」と訊いた覚えがあります。
父は「急いでいる時にすぐに点かんと不便やからや」と説明しました。
その時は(ああ、そうか)と納得したのですが後から(なんかおかしい)と疑問がさらに深まりました。

父はよく言えば鷹揚、悪く言えば大雑把な人でしたが残念なことに息子の私もその気質を受け継いでしまっているようでどうも細部に目が届かないことが多くて困っています。

NHK「真田丸」いよいよ最終回
1年間、私を楽しませてくれたNHK大河ドラマ「真田丸」がこの日曜日にいよいよ最終回を迎えます。
幸村の最後はどうなるのか?家族は?真田の庄の人々の運命は?
結末を知りたくて今から居ても立ってもいられない心境になり当日の忘年会は即答で断りました。

来年の大河ドラマは柴咲コウさん主演の「おんな城主直虎」ですがこれにも期待しています。
ところがここへ来て井伊直虎は男だったのではないかと文献上の注文がつきネットなどでは話題になっています。
歴史研究の上では1次資料、2次資料、伝聞など様々な資料を上から横から比べて判断していきますが古代、中世はもとより近世、近代も資料の検討は難しい作業となります。

来年の大河主人公・井伊直虎についての1次資料は皆無、それ以外でも極めて乏しく検証は大変困難な人物とされてきました。
今の浜松市・龍潭寺和尚の「井伊家伝記」により戦乱で男の子が次々と討ち死にし、お家風前の灯で断絶しかかっていた井伊家に後見人の井伊直盛の一人娘「次郎法師」が直虎と名乗り相続、井伊家中興の祖として戦国期を乗り切ったと言われてきました。
私たち滋賀県人にも(ひこにゃん)じゃなく彦根城の井伊家としてなじみが深いドラマになりそうです。

もともと歴史は本当のところがわからないのが想像力をそそり、面白いものです。
近世・近代でも「戦国武将・上杉謙信は実は女だった」とか「維新の英雄・坂本竜馬は存在しなかった」とか「源義経は大陸に渡ってジンギスカンになった」とか「明智光秀は天海和尚だった」など奇説・珍説がゴロゴロしています。
ドラマですから肩肘を張らず、ファンタジーのような感覚で私はいつも鑑賞しています。



小池知事、あなたもか
先日のブログの続きのような内容ですが都議会でも議会(主に自民党)と小池知事の舌戦が続いています。
質問合戦。
小池知事に対して「黒い○○とは誰のことか?」と議員が質問すれば知事は「発言通告になかったことは答えられない」と応戦。
小池知事は場外乱闘では(希望の塾)を立ち上げ「来夏の都議会議員選挙に塾生から出馬したいという人がいる」と議会内での政党政治を牽制しつつ知事与党形成の為の多数派工作に乗り出し、これが自民党都連を刺激しています。

あれ?こんな光景をいつか見たな・・と既視感というかデジャービューに捉われますがそうでしたいつかのK知事が新幹線栗東新駅建設停止を公約して初めて滋賀県知事選挙に出馬した時に議会(主に自民党)と起こった経緯マンマです。

あの時は(もったいない旋風)が湖国を吹き荒れ、3選を狙う現職K知事を倒して挑戦者のK氏が勝利した選挙でした。
もともと現職K知事の3選はおそらく固いと言われていました。
ところが自民党県連はなぜか現職に対して推薦をなかなか出さなかったのです。
選挙は暑い7月と日程決定されており、現職の続投宣言は議会で表明されていたにも関わらず2月になっても3月になっても県連は動きませんでした。
では知事選挙は自民党として誰を応援するのかと党員からブーイングが出始めていましたが挑戦者のKさんから自民党に(推薦依頼)が出ているので慎重にというのが県連役員の答えでした。
しかし、それを主導していたのは当時の県連会長でありました。

結局、Kさんは自民党の推薦獲得を諦め、3月以降は「新駅もったいない」のビラを県内に配布しだしてムーブメントを創ります。
Kさんに政党として推薦を出したのは社民党だけでした。
当時の現職K知事は自民党と政策的に相反するものもなく良好な関係であったにも関わらずこの時、推薦決定が遅れたことは大きく足を引っ張る結果になり、新人Kさんの勝利を呼ぶ結果となりました。
なぜ、このような出し惜しみをしたのか今となっては謎です。

新人Kさんが知事選挙に勝利してわずか1週間で今までの知事与党だった民主党(現民進党)が「民意は新駅反対だった」とあっさりと寝返り、知事与党宣言をします。
なんと変わり身の早い民主党よ!と呆れたのですが残った自民党は反知事勢力とレッテルを貼られ、新知事は対話の会を結成し、塾生から来春の県議会議員選挙に立候補者を擁立すると宣言。
翌春の選挙では自民党はズタボロ負けで過半数割れ、県政始まって以来の革新議長が誕生します。
これは滋賀県におけるK劇場と言われましたが今の東京・小池劇場と似通っていませんか?


議会における答弁協議
師走に入り国会でも地方議会でも議会では質問の日々が続いています。
一般人からみると(あれは何をやっているのか?)と疑問を持たれたりもするでしょうが民主主義は言論主義ですから議場でまた委員会で政治課題を質問したり、答弁することで一歩でも前に進もうとしているわけです。
議員が質問することにより問題が浮き彫りになり行政サイドが対策検討や取り組みを明らかにすれば予算もつき、問題解決につながるということですから大きな前進ですし、議会の質疑には収穫があったとなります。

たまに議員の中には(爆弾男・女?)のようにネーミングされ、政府内事情や県・市町の内部事情とかゴシップに近い形の内容のものを当局にぶつける人もいます。
世の中にはいろんな考えの人がいるわけであり、議会でそのような不確かな内容のものを質問されても議事録に残ったり、マスコミの好餌となって報道されさらに人々の憶測を呼んだりで概して(良い結果)を生みません。
そこで行政当局としてはそのような発言通告(○○について質問すると事前に通告書を出すこと)を受理したらその議員とコンタクトを取ろうとします。
誤解を解き、できれば質問を翻意してくれればいいと意図するわけです。

「あ、○○先生ですか!今回の先生のご質問なんですが一度お目にかかってご相談をさせていただきたいのですが・・」
「私の質問に何かあるのか」
「はい、実は先生のご質問の○○の部分がすでに条例上過去に確定していることがありまして、更に○○については一度高裁で争われた時にも判決が出ており、その他文言についても少し修正をお願いしたい件があり・・」
「失敬な!ケチをつける気か」
「そうではございません、先生のご質問の内容を担保させていただくお手伝いをさせていただきたいだけです」
「直すとこなどないわ、これで質問する!ガチャン!」(実際は携帯電話なのでガチャンなどと鳴ったりしない)

以上のように当局と議員先生の話し合いは決裂・没交渉となりました。
議会を前に首長を囲んで答弁協議に入りますが担当者は「○○議員のこの質問については一切の話し合いを拒否されました、つきましては知事に置かれましては適当にあしらっていただきとう存じます」

議会の質問を傍聴していて首長と議員の質問がまったく嚙み合っていない、チグハグで首長がそっけない態度をとり、質問を早く打ち切ろうとするように見える時はこのパターンが進行しているケースです。

くどいですが議会の質問は行政と立法が互いに適度な緊張感を持ちながら政治としてどこで決着点を見出すのかという作業であり、政治そのものといっても差し支えありません。
誰しもそのような重要な場所でいきなりテーマを持ち出されても即答できるはずもなく、その為に(事前協議)が必要になります。
議員としてはできるだけ丁寧に自分の質問の意図を説明しておき、当局と信頼関係を結び、できればこのように妥協点を出してもらえるかと言質でも頂いておくと完璧です。
もちろんそれは自分たちの住む街の発展や住民福祉の向上に繋がるものでなければ単なる我田引水や売名行為、もっと酷ければ利権と後ろ指をさされることは言うまでもありません。

太平洋の架け橋
安部首相がハワイを訪問し、真珠湾の慰霊祭に参列されています。
この訪問の目的を菅官房長官は「慰霊の為であって謝罪の為ではない」と政府見解をコメントしていますが適切な表現だと評価します。

1941年12月8日の日本軍によるパールハーバー奇襲によって火ぶたを切られた太平洋戦争はその後3年8か月の激闘に至り、日米両国に深甚なる戦争の爪痕を残して終戦となりました。
歴史を特に戦争というものを評価することは大変困難な作業です。
特にそれが自国のことになると尚更です。
ましてや終戦から71年が過ぎた今でもこの戦争の真実はすべてが明らかになっていないのですから。
先日もNHK特番で「戦艦武蔵の最後」というドキュメンタリーを観ていましたがレイテ沖海戦で沈んだ旧帝国海軍の(不沈艦)と呼ばれたこの戦艦が静かに海底で眠っている画像が映り、(まだまだ生々しいな)と思っていました。

アメリカでも次期大統領にトランプ氏が選ばれ、氏が選挙期間に主張していた「日米同盟はアメリカに不公平、日本に応分の負担を求める」という発言から今後の日米関係を懸念する声も多くあがっています。
今朝もネットニュースを見ていれば政治コメンテーターのビル・オライリーが書いた米国でバカ売れしている本、「killing the Rising sun」(日出づる国をやっつけろ)が取り上げられていました。
内容は過激で広島、長崎への原爆投下はもちろん、日本の都市部への無差別爆撃も正当化しているものです。
それならアメリカは非戦闘員への戦闘行為を禁じたジュネーブ条約を批准しながらどう考えているのかとこの本の内容に憤りを感じますがここは冷静にならねばならない時です。

日米同盟は軍事同盟ですからいつかは両国にとってその使命と役割が終わり失効する日が来るでしょう。
ですがその日が来ても日本とアメリカは新時代を迎えて友好的に太平洋を囲む諸国と対話を尽くして付き合っていくべきでしょうし、そうでなければなりません。
「パールハーバー攻撃を日本が謝った代わりにアメリカに日本への無差別空爆の謝罪を求める」などと言い合いをしている場合ではなく、太平洋ひいては世界の平和の為にも日米がより緊密に付き合っていくことが大切なのです。
(憎しみの連鎖)を断ち切っていくことを主眼とした安部首相のハワイ訪問は未来志向で、その意味からも好判断であり、官房長官の「慰霊であり、謝罪でない」という言葉も活きてくると思っています。


JR湖西線並行在来線化問題急浮上
今からちょうど1年前(12月10日)の福井県議会・新幹線対策特別委員会では北陸新幹線敦賀以西の小浜ー京都ルートが確定した場合、JRから経営分離される並行在来線は一般的に湖西線が該当するとの考え方を示しました。
これは「特急列車が新幹線に移る線」とする旧運輸省の見解を踏襲したものです。
(つまりサンダーバードが走っているのは湖西線だから解釈として並行線は湖西線になるべきということ)
加えてJR西日本が言及している小浜線は該当しないと強調して国とJRと協議を重ねていくと結論付けました。
これは「在来線となるのは湖西線」と福井県が主張していることに他なりません。

滋賀県高島市の有志の1人として長年、琵琶湖ー若狭快速鉄道の実現に向けて福井県嶺南地域と何度も折衝してきましたがここ数年、この構想はあれほど福井側が熱望していたにも関わらず、すでに没交渉となっています。
要は北陸新幹線が小浜から滋賀県を通らず西側を抜けて京都にすべりこむようになればわざわざ小浜から近江今津まで出て湖西線で京阪神に向かう必要はないとの合理的判断からであり、本音で「バイバイ滋賀県(@^^)/~~~」と言うことです。

更に地元・小浜線を並行在来線にしない為に今から運動しようというのがその時からの福井県議会の動きでした。
これを批判はできません。
地元議会は地元の地域振興の為に動くのが鉄則ですから。
滋賀県、大津市、高島市も湖西線と沿線住民を守るために動かねばならないだけです。
政治は闘争であり、綱引きであります。
ボヤボヤしている地域が衰退するだけのことです。

(並行在来線)とは新幹線を通るルートにある路線は完全赤字化が予想されるためJRから経営分離して沿線自治体に押し付けたり、第3セクター化されることですが北陸新幹線小浜ー京都ルートの決定により福井の小浜線と滋賀の湖西線が俎上となっています。
これは綱引きというより福井と滋賀の押し付け合いですが湖西線沿線住民としてはたまったものではありません。
新幹線ははるか西を通過して利用もままならず、路線は便数減、値上がり等不便に不便を重ねることになるからです。
毎年、JRに風で止まらない湖西線、通勤・通学時間にもう1本運行を通してほしいと利便性向上のためダイヤ改正を訴えてきたことは何だったのかと思えるほどの激変です。

私は現場を去ってから北陸新幹線敦賀以西ルート問題は滋賀県の交通政策上最も緻密に取り組むべきと訴えてきましたが、残念ながらルートは福井県の主張が通るところまで絞り込まれてしまいました。
後は「湖西線の並行在来線化」を何としても阻止してもらいたいのですが滋賀県の底力と大津市・高島市住民の盛り上がりを期待するしかありません。
でなければあの琵琶湖循環線構想は何だったのかと30年に亘る運動が水泡に帰する思いでいます。





カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter